契約結婚のはずが、御曹司は一途な愛を抑えきれない

恋愛(ピュア)

ラヴ KAZU/著
契約結婚のはずが、御曹司は一途な愛を抑えきれない
作品番号
1697591
最終更新
2023/05/18
総文字数
33,183
ページ数
76ページ
ステータス
完結
PV数
99,132
いいね数
30
辰巳省吾 三十歳 辰巳グループ御曹司

一途な愛を注ぎすぎて、振られてしまう。
交際三ヶ月でプロポーズするほどの愛情深い男性。
ある日、バーで見かけた女性に一目惚れをする。
今日が誕生日で恋人に振られたと泣いていた。橘花ミクと一夜を共にする。
省吾はいきなりのプロポーズはダメと、契約結婚を持ちかけた。


橘花ミク 三十六歳 辰巳グループ総務課勤務

誕生日に恋人、海城真人に別れを告げられる。
一人バーでお酒を飲んでいると、辰巳省吾に声をかけられた。
気がつくと、何も身につけておらず身体中にキスマークの跡が……
辰巳省吾と一夜を共にしてしまった。
そして契約結婚を申し込まれる。


海城真人 二十六歳 海城ホテルチェーンの御曹司

橘花ミクの元彼、親の決めた婚約者との結婚で、ミクに別れを告げた。
ところが、ミクの存在の大きさに気づき、プロポーズをした。


💖今回の表紙は知人にお願いして作って頂きました。
あらすじ
橘花ミクは誕生日に恋人に別れを告げられた。バーで声をかけられた男性と一夜を共にしてしまう。
その男性はミクの働いている辰巳グループ御曹司だった。
辰巳省吾はミクに一目惚れをしたのだった。
省吾はミクに契約結婚を申し出る。
愛のない結婚と思い込んでいるミク。
しかし、一途な愛を捧げる省吾に翻弄される。別れを告げられた元彼の出現に戸惑うミク。
省吾とミクはすれ違う気持ちを乗り越えていけるのだろうか。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:4

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop