だからこの恋心は消すことにした。

ファンタジー

朝比奈未涼/著
だからこの恋心は消すことにした。
作品番号
1692751
最終更新
2023/11/09
総文字数
15,302
ページ数
21ページ
ステータス
未完結
PV数
778
いいね数
9

この作品は朝比奈未涼さんをファン登録すると読むことが出来ます。







だからこの恋心は消すことにした。





********



国中が恐れる最高階級の魔法使いたちの秘書官として数年間働いている主人公、ラナ。
彼女はある魔法使いに思いを寄せていたが、そんな彼女の思いが彼にバレてしまい、「気持ち悪い」と自分の思いを拒絶されてしまう。

それから何度も何度も彼に傷つけられた彼女はある日決心する。


こんな思いは捨ててしまおうと。


急に彼への恋心を捨て変わってしまった彼女を見た彼は?


恋心を捨ててしまった真面目秘書官、ラナ


×


捨てられた恋心を取り戻したい魔法使い、エイダン



2人のすれ違う恋の行方は?



中編予定です。
執着ものの予定。
ちょい逆ハー要素もあり。


好きに書いてます!
勢いで執筆中の為、誤字脱字多いと思われます。
一度完結させてから見直し作業をしようかなと思っております。
とりあえずは鍵付きで完結の目処がつき次第、鍵を外します!

よろしくお願いします!


2023.3.12





目次

  • 1.消してしまいましょう

  • 2.消えた恋心

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop