–––––誰かの幸せを願ったことなんて、一度もなかった。





自分の幸せすら思い浮かべることが出来ない私になんて、誰かの幸せを願う権利なんてない。



どんな夜でも“今”を生きている限り、必ず朝を迎える。




朝なんていらない。明日なんていらない。




そんな明日(わたし)を照らしてくれたのは、君でした。