ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月29日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 後輩
    • ヤキモチ

    『エアラブ放送局です!本日は高等部入学式に突撃訪問です!美友先輩こんにちは!』
    『ええ?』

    中等部の後輩の出現に美友は驚いたがマイクを受け取った。

    『こんにちは。素敵な入学式でしたよ』
    『ありがとうございました。これでインタビューは終わりです』

    そんな後輩はじっと美友を見つめた。

    「なんか綺麗になってる」
    「そんな事ないよ」
    「髪も切ったし、スカートも短くて……」
    「どうしたの?」

    彼は美友の手をつかんで歩き出した。

    「許さない。僕を忘れるなんて」
    「忘れてないよ。ねえ、どうして怒っているの?」
    「……あのね。美友先輩。僕の事好き?」
    「好きだよ」
    「後輩としてじゃなく、男としてだよ!」
    「私は好きとかよくわからないの」

    すると彼は美友にギュと抱きついた。

    「僕はこれくらい好き!だから」
    「わかったわ。じゃ、一緒に帰ろう?」

    この2人を芹那は今日も呆れて見ていたのだった。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 授業中
    • 後ろからギュッ

    私「よしっ、できた!」
    私の目の前には美味しそうなカップケーキ。
    名前は知らないけど、あのイケメンの先輩に渡すんだっ!
    「みゆき〜!カップケーキできた〜?」
    あ!幼馴染の和くん(ヨリ)だ!
    私「うん!できたよ〜」
    「うわ〜、ちょーうまそー!俺にチョーダイ♡」
    えっ!?
    私「私、渡したい人がいるからっ!」
    「…フーン…それって、あの名前も知らないセンパイのこと?」
    なんで知って…!
    和くんは私の腰に手を回して、後ろから抱きついてきた。
    「そんな奴より、俺のほうがみゆきのこと好きだと思うけどなー。」
    私「エッ////」
    「あはっ、みゆき顔まっかー♡」

    結局カップケーキは和くんにあげました////

    開く閉じる

    • 同級生
    • 卒業式の後

    「やだ!帰らない!」
    「なりません!帰りますよ!」
    私悠里は超がつくほどのお嬢様…今日は卒業式だった。好きになった晴人くん告白してないしあえてもない
    「帰りますよ!」
    彼は執事の綾鷹
    『ガラッ』
    「紗南柄!」
    「晴人くん!」
    「芹生院様こないでください!」
    私を担ぐ綾鷹、
    「降ろしなさい!」
    「…」
    『トン』
    綾鷹によって私は意識を失わされた。最後の日なのに…
    -晴人-
    「何してるんだ」
    「近づかないでください」
    「はぁ!?」
    「…不良のあなたとつるまれては困ります」
    「!…それでも俺はその子が好きなんだ…」
    「分かりました…お嬢様…」
    「んっ…何するの!綾鷹!」
    執事の彼にキスされる彼女、その起こし方は…
    「お嬢様、一言だけ申すことを許します。」
    「!」
    「早く」
    「晴人くん好き!付き合って!」
    「…!俺も好きだ!」
    「…」
    俺らは付き合うことになった…

    「俺だって好きだったのに…」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

インビジブル・ブルー (楓 十色/著)

今更ですが開設しておきます。

  • 鞠ちゃんこんばんは。再読してくださりありがとうございます。レイがどう思いあんな行動を取ったのか、については明確な答えがあるわけではないけれど、知りたかったのかも知れないと僕は思います。母親が愛した男を。自分の体に流れる狂った血の匂いを。彼女の行動が本来の人間らしい行動だったかは個人的には疑問ですが、掘り下げていけば確かにそうだったのかも知れないと、鞠ちゃんの感想を読んで考えました。

    書くという意味、それはご自身の胸に手を当てて、「書いて良かった」「間違いじゃなかった」と思えるなら、それこそが僕が望むものです。僕に伝わったかどうかではないんです。もちろん、僕には痛いほど伝わってますよ。

    これからもたくさん書いて欲しいです。
    楽しいこと、幸せなこと。
    きっと明るい未来が待っているはずです。
    のちほど読みに行きますね。

    感想ありがとうございました。

    楓 十色   2016/08/31 20:31

  • お返事遅くなりました。
    こんにちは。
    書き込みを拝見して早速読みに伺い、感想も付けさせていただいたとおりです。
    思い出したくもないであろうことを頑張って書いたね。
    書くことで自分の気持ちの整理や、これからの思いを再確認できていればいいなと思いますが、もしもただ自分を痛みつけるだけの執筆だったとしたら、それは僕が思う本当の意味での作品ではないので、そこはくれぐれも「書く」ということの本当の意味を間違えないでいて欲しいなと願っています。

    鞠ちゃんには笑顔が似合います。
    前を向いていっぱい笑っていて欲しいです!

    楓 十色   2016/08/30 14:12

  • まりちゃんこんにちは。最後まで読んでくれてありがとうございます。こんな重くて暗くて何言ってんだかな作品にまで来て頂いて感謝です。

    レイが何を想って「僕」の所に来たのか、なぜあんなことをしたのか。それは彼女にしか分からないことです。僕にも明確な答えはありません。ガクとの関係を匂わせる書き方もしていますが、それだってはっきりとした裏設定があるわけではないんですよね。でも、人間関係って実際そんなもんでしょ。相手の気持ちや考えをすべて分かって行動できるはずがない。人にはそれぞれの思考があり行動や衝動の理由がある。時に間違うし取り返しのつかないこともする。

    鞠ちゃんも頑張って。
    その先に何か答えが待っていることを期待しています。
    自分なりの整理がついて、何かを書くことができたなら、その時僕を呼んでください。いつでも待ってます。もちろん読みにも行きます。

    楓 十色   2016/08/24 13:33

  • 鞠ちゃんこんにちは。昨日から夏休みが明けて社会復帰したのですが、どうにも夏バテでいけません。しかも仕事山積みでこれはどうにもしんどい。ちょっとまじで読書と執筆ストップ状態です。来週には少しずつ回復してくれるといいんだけどな。だるいっす。

    感想ありがとうございます。
    返事遅くなってごめんね。

    小説の内容についてはまた今度改めて返事させていただきますね。この作品に関しては僕もうまく言葉にできないので返事が難しいのです。笑

    いつもありがと。

    楓 十色   2016/08/18 16:02

  • 鞠ちゃんこんにちは。まさかこれを読まれるとは思ってなかったのでビックリです。僕もいま夏休みの真っ最中で、なんやかんやで来週末くらいまで更新はおろかサイトに顔出すこともあまりできないと思います。

    経験がないから読む資格がないなんていっていたら、ほとんどの小説を読めなくなります。なんの引け目も感じる必要はないし、読みたい物を読めばいいですよ。鞠ちゃんが抱く疑問に対する答えの欠片はきっと読み進めた先に見つかります。

    僕は小説にメッセージを込めたり誰かをこれで勇気づけようと思って書いたことはなくて、ただただ書きたい物、衝動に駆られた物を書いているだけです。それでも何かを感じ取ってもらえたのなら、それは僕にとってすごく嬉しい副産物だと思っています。ありがとう。途中で胸くそ悪くなったら遠慮なくギブアップしてください。それでもこれも僕です。もう一つの僕です。

    楓 十色   2016/08/10 18:45