君が生きていれば、それだけで良かった。

恋愛(ピュア)

稲井田そう/著
君が生きていれば、それだけで良かった。
作品番号
1649854
最終更新
2021/10/04
総文字数
23,169
ページ数
73ページ
ステータス
未完結
PV数
4,348
いいね数
6

「生きるのが無理になった」

高校生でありながら
アイドルとしても活躍していたあかりは自殺を図る。

あかりは死ぬことはなかったものの疑似幽霊となり、
誰にも姿が認識されなくなってしまう。

「あかりちゃん!! あかりちゃんだ!!!」

しかし唯一自分が見え、
自分のファンである天晴(あまはる)と出会い、
行き場の無かったあかりは一緒に過ごすことに。

寺生まれである彼とともに、
この世に未練を残した死者と交流の日々が始まり、
凍っていたあかりの心は徐々に解けていくが、

「一生推すって言ったじゃん」

二人の過ごす時間には、
タイムリミットがあり──。
あらすじ
高校生でありながらアイドルとして活躍していたあかりは自殺を図る。あかりは死ぬことはなかったものの疑似幽霊となり、誰にも姿が認識されなくなってしまう。しかし唯一自分が見え、自分のファンである天晴と出会い、行き場の無かったあかりは一緒に過ごすことに。凍っていたあかりの心は徐々に解けていくが、二人の過ごす時間には、タイムリミットがあり──。

この作品の感想ノート

感想失礼します。

タイトルから切なくて、
早くも世界観に引き込まれました。
あかりちゃんには、ぜひ幸せになってほしいです。

天晴くんの前髪の切った姿、楽しみです。
陰ながら、応援してます。

月守。さん
2023/01/20 23:47

この作品のひとこと感想

すべての感想数:4

稲井田そうさんの書籍化作品

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop