目映い光の中で見えたのは、二年B組の教室だった。騒がしくて、まとまりのないクラスメイトのことを俺は遠巻きに見つめている。

仲良くなれそうな人はいない。

仲良くしたいと思うような人も見つからない。

そんな時、『ねえ、ひとりなら私と喋ろうよ』と、三花が声をかけてくれた。それから凛太郎が加わって、俺の学校生活は豊かになった。

ほとんど喋らないクラスメイトのほうが多かったけど、あの教室は俺の生活の一部だった。

なのに、もう戻れない。あの二十八人で集まることは、二度とないんだ――。

ゆっくりと目を開けると、俺もベッドに寝かされていた。額がひんやりとしてると思ったら、冷たいタオルが置かれている。

「永人、よかった。目を覚ましたんだね……!」

ホッとしたように顔を覗き込んできたのは三花だった。

「……俺……」

「急に倒れたんだよ。昨日寝てなかったし、無茶もしたから疲れが出たんだと思う」

仮眠を取ったおかげなのか呼吸がしやすくなっていて、体の重みも軽減されていた。

「凛太郎と矢野は?」

「今はロビーで外の様子を見張ってくれてるよ」

「……そっか」

ふと視線をずらすと、隣のベッドに児玉がいた。(すす)だらけだった顔は綺麗になっていたけど、俺と違って児玉はもう目を覚まさない。

夢だったらよかったのに、これは現実だ。

そして悪夢のような鬼ごっこはまだ続いている。