溺愛したがるモテ男子と、秘密のワケあり同居。

恋愛(学園)

ゆいっと/著
溺愛したがるモテ男子と、秘密のワケあり同居。
書籍化作品
作品番号
1596704
最終更新
2020/06/07
原題
溺愛したがるモテ男子と、秘密のワケあり同居。、 クールな君と、危険なワケあり同居。
総文字数
115,764
ページ数
326ページ
ステータス
完結
PV数
28,593,070
いいね数
2,301
ランクイン履歴

総合1位(2020/05/21)

恋愛1位(2020/05/21)

ランクイン履歴

総合1位(2020/05/21)

恋愛1位(2020/05/21)


*りぼんスペシャルにて
コミカライズされました*
漫画・森乃なっぱ先生

りぼんマスコットコミックス様より
紙コミックス発売中





「今日からお世話になります!」


ワケあって
知り合いの家にしばらく
住まわせてもらうことになりました


「は? お前、誰?」


その家にいたのは、クラスメイトのクールな彼


すごくイケメンでモテるのに
女の子と喋っているのを見たことがない


女ギライみたいで
目を合わせただけでものすごく睨まれる


そんな彼と同居なんて、生きた心地しないんですけど……


☆♡☆.。.:.。.☆♡☆.。.:.。.☆♡☆.。.:.。.☆♡☆

負けず嫌いだけど、実は小心者で怖がり

相沢 小春
-Koharu Aizawa-

×

クールに見えて、実は独占欲が強い

永瀬 朔
-Saku Nagase-
☆♡☆.。.:.。.☆♡☆.。.:.。.☆♡☆.。.:.。.☆♡☆



「俺と同居してること、誰にも言うなよ」


「も、もちろんっ!」



はじめは苦手で仕方なかったのに



「強がんなよ」


……あれ?


「俺が小春を守るから」


「小春が寝るまでそばにいるよ」


……あれあれ?


学校にいる時とは全然違って

ときに優しく、ときに独占欲全開な彼に
私はドキドキしっぱなし……!




「待って、離してっ……!」


「やだ、ムリ、離さない、もう限界」



この同居、危険すぎますっ!



\11月25日ピンクレーベルより書籍化/
ありがとうございます!
書籍限定の甘々番外編も収録されます
あらすじ
高2の小春(こはる)は、両親の都合で知り合いの家にしばらくお世話になることに。そこはなんと、学年1のモテ男で女嫌いで有名な朔(さく)の家だった。さらに、とある事情でしばらく二人きりで住むことになってしまう。
寝起きの悪い朔を毎朝起こす小春だったが、朔は寝起き1番に触れたものを抱きしめるというクセがあり、小春は毎朝抱きしめられるハメに…!
苦手同士が距離を縮めていくドキドキ同居ラブ♡

この作品のレビュー

★★★★★
2021/04/07 01:28
投稿者: ストレッサース さん
最高に良いよ!この作品

私にとってとても感動させられる作品です。

続きを見る
★★★★★
2020/11/26 20:14
投稿者: まーしゃん25 さん
最高

男らしい朔くんにドキドキしっぱなしで、小春ちゃんもすごく可愛かったです!

続きを見る
★★★★★
2020/11/21 20:14
投稿者: ymdkw さん
❤︎

とてもきゅんきゅんしました!

続きを見る

この作品の感想ノート

初めまして!はるると言います!
もうめっちゃ素敵な話で10代の私もドキドキワクワクしながら読んでいました!
大好きな溺愛系で気になって読んでみると予想以上に最高のお話でゆいっとさんの他の作品も見るとそれも素敵で!
色んなジャンルのものが書けるゆいっとさんほんとに尊敬です!

はるるさん
2024/02/25 20:10

初めまして!小雪と言います。

今回のゆいっとさんのお話、とっても面白かったです。
さくくんとの甘々な展開も好きでしたし、小春ちゃんのお友達の友情もとても感動しました!
私は将来野いちごジュニア文庫で小説を書いてみたいと思っています!
最近自分でも書き始めてきました。
(まだ50000文字程度ですが、、、)
私はゆいっとさんの「それはきっと、君に恋をする奇跡」
というお話も大好きです。
今回のようにドキドキキュンキュンするお話や、今挙げた感動のお話など、色々なジャンルのお話が書けるゆいっとさんを尊敬しています!
これからもずっと応援しています!

小雪さん
2023/07/03 18:55

めっちゃ素敵な作品でした!
久しぶりに、野いちごで漁ってたら溺愛のジャンルでこの作品が出てきたので読んでたら、予想以上にキュンキュンしました!
今度もゆいっとさんの作品を楽しみにしてます!

わいさん
2023/06/07 09:31

この作品のひとこと感想

すべての感想数:2,859

ゆいっとさんの書籍化作品

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop