.


.






「桃ちん、ひとりでニヤニヤしてると怖いよ?」




月曜日の朝。

スマホのロック画面に夢中になりすぎて、仲良しのミヤちゃんが近づいてきたことに気づかなかった。




「えーっ なに、この大量の不在着信」

「ンフフ、一生の宝物なんだあ」


「これが? これってスクショだよね、誰から?」

「あう、それは内緒だけど……」




昨日、こおり君が帰ったあとに慌ててスマホを充電したんだよね。
そしたら、わたしがお風呂に入ってた時間帯に着信の通知がずらーっと並んでて、あやうく天に召されるところだった。



だれにも言わないって約束だから、こおり君の名前はハートのスタンプで隠しておいたんだけど。




「ロック画面の通知をスクショしてロック画面にしてるのウケる」




うん。自分でもそう思う。

でもメンズ地下アイドルオタクのミヤちゃんだって、推しからのリプライをヘッダーとかホームにしてるでしょ。

たぶん、それといっしょだよ。