.

.


鼓膜が破れるんじゃないかってくらいの大きな声たちが確かに聞こえるのに、自分はどこか別の世界にいるみたい。


唇が重なる時間がやけに長かった……ような気がする。


好きな人とキスしたら、体も心もポカポカするはずなのに、ヘンだなあ。
正反対だよ、凍りつくみたいに冷たい。


キャーとかヒューとかエーッとか。
そんな声まで、ぜんぶ無機質な音に聞こえた。




「ちょっと……なにしてるの、光里」


那月ちゃんの唇がわなわな震えてるのが見えた。


「なにって。見てわかんなかった?」

「っ、ふざけてるの? 光里おかしいよ! 賭け事でこんな……、好きじゃない子に、しかも皆の前でキスするとか……!」


「うん」

「うん、じゃないでしょっ? 桃音ちゃんも可哀想だよ。こんなの公開処刑じゃん!」



うん、って。
こおり君は同じ調子で繰り返す。