「お前、昨日の女か」




いやに静かな夜だった。


さっきよりも寒さを感じるのは緊張のせいか。

それとも
─────この街の人の心が、冷たいせいか。




昔から大人たちが口をそろえて“ 絶対に近づいてはいけない ” と言っていた場所に

昨日、友達と初めて足を踏み入れた。



そして、もう二度と来ることはないと思っていた。



──────それなのに私は今

ひとりでここへやって来て

“ この男 ” の前に立っている。





「今すぐ帰れ。 もうすぐ会合が始まる。 部外者は男女カンケーなしに討ち払われんぞ」




建ち並ぶビルが威圧的に私を見おろす。

路地の隙間から冷たい風が吹き抜ける。




今すぐ帰れ、と言うわりに急かす口ぶりには聞こえなかった。
抑揚がなく、私がどうなろうと別にどうでもいい、関係ない、といった感じ。




なぜか動けなかった。

暗闇の中、黒を纏った男の瞳に囚われる。




「……今帰らねぇと、帰れなくなるぜ」