ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月24日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ

    (ふん!絶対戻ってやんない!)

    「おい!待てよ!待てって!」

    追いかけてきたのは私の幼なじみの翔平

    「おまっ!ハァ、ハァ、録画撮れてなかったから家飛び出すとか…ハァ、ガキかよ!!!!」

    「うるっさいなぁ!常盤潤が出てるんだよ!?ねえ!あの人神だよ!?神とり忘れたって…ありえない!」

    「自分でやりゃよかっただろ!」

    「……とっとにかくックシュッ!」

    「ちょ、きったねえなー」

    そう言った翔平は来ていたコートを脱ぎ始めた。

    「あーあ!あちー!暑いし重いからやるよ」

    と言って私にコートを押し付ける。

    「え、」

    「あーあ!あちーからこんなん飲めねーわ。どうせもう冷えてんだろ。重いからやるよ」

    と言って、今度はポケットから缶のコンスープを取りだして渡してきた。

    「……あったかいよ。ばか」

    翔平は知らんぷりをする。

    「今日はおしるこの気分だった。」

    「文句言うな。」

    開く閉じる

    • 彼氏

    私と彼は今喧嘩中
    理由はほんの些細なこと
    そんなことで怒る私は本当に、馬鹿だと思う
    本当。短気な自分が大嫌い
    今も、家まで飛び出してきちゃって
    あーあ。バカだなぁ
    冷たい風が頬を撫でた
    寒…部屋着のまま来たからスマホしか持ってないや…
    自分の無計画さに嫌気がさした
    「帰って謝ろうかな…」
    ふとそんなことを呟いてみても
    やっぱりそんな気には、なれなくて
    どうしたものかと天を仰いだ
    「みさき!」
    後ろから、喧嘩したていた彼の声
    私は思わず振り向いた
    「ごめんなみさき。みさきの言う通りだよ、俺が間違ってた。だから帰ろ?」
    よく見ると、彼も部屋着のまま。
    走ってきたのか、少し息が上がっている。
    「ごめん優馬…わたしの方こそ間違えてたよ。短気な私でごめんね」
    すると彼は、優しく首をふった
    「全然。俺はそんなみさきだから好きになったんだよ。」
    私の胸が大きな音を立てた
    ほんと、大好きだよ。優馬。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 校舎裏
    • 後ろからギュッ

    「あ、雪が降ってきた……もうこんな季節か……」
    ほんとだ……そっか……もうすぐ先輩は卒業……しちゃうのか

    「鈴菜!」
    「え?」
    ふいに先輩に呼ばれたので私は後ろを振り向いた
    先輩はいない。
    あれ、どこいったんだろう……
    私は辺りをキョロキョロ見渡す。


    ギュッ


    すると何か後ろから暖かいものを感じた
    また後ろを振り向くと先輩が私にぎゅっと抱きついていた。

    「ど、どどどどうしたんですかせんぱぃ!」
    「え?どうって暖めてるんだよ。だってこんな雪なのに寒いでしょ?」
    ま、まぁ今違う意味で暖められましたけど……

    先輩の息が私の耳元にあたる

    「俺……鈴菜のこと好き俺と付き合ってくれない?」
    先輩からの告白は思いがけないものでした。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

部活…辞めたい。~天国から地獄に叩きつけられた日~ (氷高 ノア/著)

何かコメントがあったらお願いします!
どんな感想でも構いません!!
自分の体験談や、相談でもいいので、
書いてくださったら嬉しいです(´∀`*)

※感想やレビュー等はTwitterに掲載させて頂く可能性があります。

  • 私もバドミントン部で、同じような経験をした時がありました。
    辛かったけど、3年生になってからは先輩からの支配のようなものがなくなり、気持ちが楽になりました。

    Riv☆   2019/01/20 21:02

    感想ありがとうございます‪( •̥ ˍ •̥ )‬

    そうですか…それは辛かったですね…。
    3年生になるまで続けられたRiv☆さんは、本当に素晴らしいと思いますし、憧れます。
    私は逃げてしまった身ですので…(;´∀`)
    楽になったと聞き、安堵致しました‪!
    Riv☆さんの後輩方も、楽しく部活動ができるといいですね(´˘`*)

    最後までお読み頂き、本当にありがとうございました!!

    作者からの返信 2019/01/21 00:12

  • ノアっぺ
    おはようございます!
    この作品も読ませていただきました!

    好きなものが辛くなっていくって、どんなに苦しいことか。
    天国と地獄の間で迷子になって、好きなバドミントンを辞めることになってしまったのは、とても惜しいことなのに。
    それを辞めることで気が楽になるって
    何が正しくて何が間違ってるのか、本当によく分かんなくなっちゃうよね、現実って。

    でも他の人にそれを責める権利はないから
    先輩や部活仲間に怯える気持ちも分かるけど
    辛いことから抜け出せてよかったね!って、その時直接言いたかったです(;Д;)


    辛いことがあっても、生きていかなきゃいけないから、人間って本当に大変だよね。
    この作品を読んで、私ももっと頑張ろうって思えたよ!ありがとうございます。
    本当に最後までお疲れ様でした!!

    nako.   2018/12/03 05:45

    なこたんん(; ;)
    感想ありがとうございます!!
    (またお早い朝で……おかげで私の目覚めは最高でした…本当にありがとうございます)

    ノンフィクションだから、ちょっぴり恥ずかしいけど、なこたんが最高の感想文を送ってきてくれて本当に感動したあ〜(;_;)
    初期に書いたこともあって、文章力皆無でごめんなさい…。

    うああ!!少しでも、なこたんのどこぞかの力になれたのなら本当に良かったです(´;ω;)

    色々とめちゃくちゃ嬉しいのですが…ちゃんと寝てね…(´;ω;`)

    こちらこそ、最後まで読んでくださって本当にありがとうございました!!

    作者からの返信 2018/12/04 00:37

  • 「バドミントン」というキーワードで検索して出てきました。私もバドミントン部なんですよー!野いちごで初めて読んだ小説で、境遇がなんとなーく似てるかなーって思いました!今は中3で、高校でどんな風になるかはわかりませんが、日高ノアさんの体験を参考にしていきたいと思います!!

    星月 美空   2018/08/20 15:41

    感想ありがとうございます (; ;)
    そうなんですね!
    ヮ(゜д゜)ォ!江上さんにとって初めての野いちご小説になったとは!!以前もレビューして頂き、ありがとうございます(;Д;)

    少しでも参考になれば嬉しいです(´˘`*)
    お読みいただき、ありがとうございました!

    作者からの返信 2018/08/20 18:22

  • 今は心の底から楽しめていますか?
    大変だったと思います。
    お疲れ様です!

    いのまり   2018/07/16 10:23

    感想ありがとうございます!
    はい。今はものすごく充実しております。
    ありがとうございます!!

    作者からの返信 2018/07/16 11:20

  • はい!頑張ります!O(≧∇≦)O
    剣道は、ツラいけどやっぱり楽しいです。
    今から、中学、高校とか行くの、すごく楽しみです!

    陽明   2018/05/10 17:07