ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月15日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • 放課後
    • 校舎裏
    • 告白

    「片桐、こんなところに呼び出して何の用だ?」
    「はい、告白と言えば校舎裏だと思いまして、ということで好きです! 付き合ってください!」
    「片桐、気持ちは嬉しい。お前は良い生徒だし、人気者だし」
    「じゃ、じゃあ付き合って・・・・・・」
    「だが断る!」
     俺は片桐の言葉を遮った。
    「な、何で!?」
    「何でって、俺は教師だからだ! 付き合えるわけなかろう!」
    「えー、先生思考が古いですよー、バレなきゃいいんです!」
     片桐はドヤ顔でそう言った。
    「言い訳がないだろう? 俺は生徒と付き合う気はない。分かったら早く帰りなさい」
    「むぅーー、先生のイケズ! 明日も告白に来てやるーー」
     片桐は口をぷぅっと膨らませて走っていった。
    「おい、明日は土曜日だろ・・・・・・まったく、何で俺なんかを」
     片桐は可愛い、もし自分が教師でなければ・・・・・・そんな考えが浮かんだが俺はすぐにそれを振り払った。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 部活中
    • 告白

    最後に聞こえた音は、強烈な痛みを伴った。

    「……?」

    目が覚めると、視界がボンヤリした。

    「梢ちゃん」

    優しい声がした方を見やると。

    「大丈夫?」

    頬に温かい感触がした。

    「佐伯、センパイ?」

    なんで先輩が?

    びっくりして、急速に意識が覚醒する。

    「俺のこと分かるんだね? 良かった……」

    安堵したような表情で、ため息を吐く先輩。

    「あ……私、ボールがぶつかったんですね?」

    サッカーの練習をしている先輩を見ていたら、こっちにボールが飛んできて……とっさに頭を下げたら、それが良くなかったようで。

    「あああ……すみません」

    恥ずかしくなって、両手で顔を隠す。

    「すごく心配した」

    顔から手を外され、そのまま握りしめられる。

    「せ、せんぱい?」
    「あのさ。目が離せないから、俺の彼女になって」

    先輩の言葉に、息を呑む。

    「好きだよ」

    うなずくと、唇が重なった。

    開く閉じる

    • 同級生

    俺は、花菜(かな)と付き合っている。

    俺は、花菜がいないと、生きていけないくらい惚れている。

    世の中では、これをべた惚れというらしい。

    俺の中では普通だけど。

    俺は、花菜とクラスが離れているのでさみしい。

    でも、帰るときはいつも二人っきりで帰っている。

    そのときに、俺は花菜に『好きだ。』と伝える。そういうと、花菜は顔を真っ赤にして『私のほうが大好きだもん。』という。

    俺はいつもこれを聞くと、この可愛い花菜のために生きているだなと思う。

    これからも俺の隣にいてくれよな。花菜。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

四面楚歌-悲運の妃- (宵月帷/著)

作者の趣味で書いております。
批判・中傷はしないでください。

  • >愁檎サマ わぁぁぁああぁぁ(*°ロ°*)もうリアルに涙出た!ものすごく細かい感想で、こちらも考えさせられたし、自分の中でモヤモヤしてた部分とかぶっ飛びましたーっ!

    そうなんですよねー!守られる主人公っていいけど、個人的に守る側で守ってもらわなくても大丈夫な主人公である事が、この作品で主軸な訳です。しかしたまには守ってもらう側にしたげてあげたかったりもしますねw冥紗の葛藤はきっと最後まで続くし、でもけして自分が幸せになってはいけないとかは思ってなくて、宿命からも縛るすべてのものから抗いつづけて行く。強いようで弱いと、いうのをこれから伝えれていければいいなと思います。
    書いてくださった軍妃達の心情や行動は物語においてすごく重要で、冥紗が主人公であるけれど後宮にいる者達の物語であります。

    本当に本当に愛たっぷりの感想ありがとうございます!

    宵月帷   2014/10/26 13:27

  • 最後に、この作品で特に気に入ってるのは宮の中の女性の想い。

    皇帝陛下を慕い、命をかけて盾となる軍妃
    皇帝を一目見る為に己自身を磨く姿
    冥紗への籠愛により渦巻く嫉妬、それにより起こる出来事。
    女性ならではの身分や見てくるれ、自分の地位を確立させるが故に起こす陰謀

    どの時代、どの国、どの環境でも大なり小なり女性の想いで事は運んでいるというのを、悲痛なまでにしっかり描いていて、読んでいてスケールは大きいのにちかくに感じさせるのは帷さんの持ち味なのかな、と思いました

    すっかり四面楚歌にハマりきってしまって、一気読みしてしまったが故に沢山感想残してごめんね(;´Д`)
    ホントはもっと詳細書きたかったけど、なんとかかいつまんで三個で済みました(笑)

    更新楽しみに追いかけてまたどっかーんと感想残すね(*^^*)

    愁檎   2014/10/26 00:10

  • 次に、主人公冥紗について。

    冥紗はステータスとして強く、悲痛な境遇を持っているキャラクターとして、携帯小説としては異色の『守られなくて大丈夫なヒロイン』なわけで
    でも、皇帝への慕う心や覚悟と女としての幸せ、嫉妬に揺れる姿はやはりまだ少女の心の部分があるし、可愛らしいな、と思いました。

    聖人の生姫として、仮面を取れない身分
    その身分のせいで籠愛を受けることへのやっかみを突っぱねて見せるその強さが、私はとても悲しくて。

    11、12歳の若い少女が背負うにはあまりに過酷な状況をも飲み込んでしまう気持ちの強さに、心が痛くなってしまいました(´;ω;`)

    だけど、最初の感想にも言ったけど冥紗には聖人の、軍妃の、皇帝皇后への信頼や仲間意識が凄く読者の私にとっても、おそらく冥紗にとっても救いで

    彼女の進む道は棘どころかどこ歩いても爆弾が埋まってるような道だけど、幸せになってほしいなと願わずにはいられないよ(>_<)

    特に美しく、惑わしてしまうという理由で付けている仮面をも愛してくれる皇帝だからこそ、冥紗は慕うことが出来るのかなと思うし私も皇帝のことを素敵だな、と思います。

    叶わない願いかも知れないけど、冥紗にはいつか素顔で皇帝と笑える日々が来ればいいのに、と願います。

    もう一個続きます!

    愁檎   2014/10/26 00:02

  • こんばんは

    予告通りかなり長い感想を残しに来てしまったよ!
    長くなるからそれとなく流して読んでね(笑)

    まず、後宮についての物語
    とても世界観がしっかりしていて、後宮の本とか映画を好んで見ている私にとってはとても面白くて、他の感想残してらっしゃる読者様同様ハマってあっという間に更新分まで読めちゃいました!

    目に浮かぶような人の動き、息遣い、その時代を戦いながら生きる軍妃達、その全てに彩りを感じて、彼女達の生き様が胸につん、と突き刺さるよう

    戦う軍妃達は、妃でありながら代わりの効く戦闘要員として扱われ、他の妃達とは一線を画した立場でありながら、慕う皇帝からの籠愛を求める姿に、そして戦う姿に胸が苦しくなってしまったよ(>_<)

    特に冥紗や軍妃の四天王達は、他の軍妃達以上に強く、時に非情にならくちゃいけない部分や危険に晒される中、皇帝や皇后の盾になり矛にならなくちゃ行けない状況の中、仲間としての意識が強くなっていって、報われない状況や設定の中で彼女達の信頼が物語の中での私の救いになってます

    長くてまとまり無い感想でごめんね(;_;)
    続きます!

    愁檎   2014/10/25 23:44

  • >nanaminさま

    感想ありがとうございます!
    予想外に長くなる可能性がありますが、更新を待って頂けると言ってくださると励みになります!
    長々更新が出来ず、お待たせしてしまうかもしれませんが、これからもよろしくお願いします(^^)
    八面玲瓏のパスのほうですが、長い間ファンメの配信をしていなかったので、申し訳ありません。
    近々、パスの記載したファンメを配信しますね。

    宵月帷   2014/08/22 18:00