ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月05日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先生

    授業中、先生の背を見るのが、ただなんとなく好きだ。

    「いいか。ここ、凄く大事だからメモしとけよ」

    それは私がただ、先生を好きなだけ。

    叶わない恋だって、よく言われる。

    それでも、先生を見ると、やっぱり好きが止まらない。

    放課後、一人で悩むのは癖だ。誰もいなくなった教室で、呟く。

    「葉山先生って、彼女いるのかな……」

    「いねえよ」

    「そっ、か……っ!?」

    顔を上げると、そこには葉山先生。呆れたように笑う顔は、意外と優しい。

    「あ、あの、忘れてください……っ」

    先生はいたずらに笑って、無理、と囁く。

    「何のためにそうしてたと思う?」

    「えっ……?」

    「本当、鈍いよな」

    するりと先生の指が、私の髪に触れる。そして、先生は私の耳ギリギリにまで近寄る。

    先生の熱が伝わって、身体が火照る。

    「俺はお前だけしか見てねえよ」

    優しく唇を奪うあなたは、ずるい大人だ。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 後ろからギュッ

    ホームルームが、終わり帰る寸前だったとき、幼なじみの零君が声をかけてきた。

    「ねぇ、最近俺に冷たくない?」

    「そんなことないよ!」

    私は、皆にいじられるのが嫌で少し話すのを控えていた。でも、それもすぐに気づかれてしまい...

    「皆に、いじられるのが嫌なの?」

    「う、うん...ごめんなさい。」

    「謝るのですむと思ってるの?」

    「どうやったら、許してくれる?」

    私は少し、怪しげに聞いてみた

    「なら...」
    ギュッ
    後ろからハグをされ顔が熱くなって、私は下を向いて顔を隠した

    「隠しても無駄...そんなに可愛いんだからもっとちゃんと見せてよ」

    「は、恥ずかしいよ...」

    そして、優しくそっと零くんの唇が重なった。

    「もうあんまり、可愛くしないで...」

    「っ!」

    「そんなこと言われるとますます好きになっちゃう」
    二人とも顔が赤くなりながらももう一度キスをかわした..

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 教室
    • 頭ぽんぽん

    ずっと好きだった相手は大好きな私の親友と付き合っています。
    「陽菜…大丈夫。俺がいるよ…」
    そう言っていつも頭をなでてくれる。
    「先輩…私、先輩のこと好きになりたい」
    こんなに優しい2個上の先輩。
    もうすぐ先輩は卒業する。
    「俺は陽菜が好きだよ…」
    ずっと私のことを好きでいてくれる先輩。
    無神経なのはわかってるけどつい頼ってしまう。
    先輩だけが唯一ずっとそばにいてくれたから。
    それでも…
    「私はあいつのことが好き…だから…」
    「俺だって陽菜が好きなことは辞められないから、本気で好きじゃなきゃ恋の相談になんて乗らないよ」
    「先輩…」
    「だから、そろそろ俺のことだけ見てくれない?」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

世界はきみに恋をしている。 (野々原 苺/著)

君のいるこの場所が
自分にとって世界の真ん中だとおもう

  • もうなんか登場人物ひとりひとりに個性あるし、2人の関係がどんどん近くなるようで変わらないような感じがすごかったです。
    最後はなんかハッピーでよかった!

    sotasu   2018/06/21 15:57

    sotasuさま

    感想ありがとうございます!
    いつもキャラ設定に悩むので個性があると言っていただけでめちゃくちゃ嬉しいです……!( ;∀;)
    最後ハッピーにかけていたでしょうか?嬉しいお言葉本当にありがとうございます!

    作者からの返信 2018/07/20 21:21

  • こんにちは♪お久しぶりです、ふぃだぁです!
    覚えてらっしゃってくださいますでしょうか?
    今年度もよろしくお願いします

    ふぃだぁ   2018/04/01 17:54

    ふぃだぁさま

    覚えてます!いつもコメントありがとうございますー!返信遅くなってしまってすみません( i _ i )
    今年もよろしくお願いします!

    作者からの返信 2018/04/20 11:22

  • ※ネタバレ含

    最初の1行目から一瞬で引き込まれて、目を離すことができませんでした。
    突如現れて、美羽ちゃんに覆いかぶさるようにして助けを求めた新くんの登場のしかたに序盤から悶えてテンションが上がってしまい、
    さらに、先輩と後輩っていう関係が(新くんが年下っていうのがもう)たまらなくて。

    ミウちゃんの笑顔が新くんに向けられるたびに私まであったい気持ちになって、二人の距離にずっとドキドキしていました。ミウって呼び捨てにするところ。美術室の扉を開けてからの、今日もちゃんと来たねってっていうやり取り。何気ない二人の会話ひとつひとつが、本当に愛しかったです

    美羽ちゃんが抱えていたものを新くんがやさしく包み込んで、救って。ふたりの感情がリアルに伝わってきて涙がこぼれました

    私の言葉では上手く伝えることができなくてとても悔しいのですが、こんなに胸を打たれたのは久しぶりです

    新くんの着る原色のシャツ、めちゃくちゃ好き……眩しい。ハヅキくんも好きです。野々原 苺さんの作品は毎回圧倒されます。その度に余韻に浸りながらひたすら放心する時間がすきです

    これからもファンとして作品を楽しみに、ずっと応援しています。素敵な時間をありがとうございました…!


    ののはらのことが大好きな柊乃より!

    柊乃   2018/02/23 00:36

    柊乃さま

    感想ありがとうございます!!返信遅くなってごめんなさい( i _ i )

    ノガミの登場の仕方を褒めてくれてありがとう!(笑)実際あったらビックリするようなところだけど、まあイケメンだったらありかなと(笑)後輩男子かわいいよね…!わたしも年下がすきです、、(知ってるであろう)

    2人のやりとりとか、何気ないところに目を向けてくれて凄い嬉しかったです!2人の恋はちょっと早足になってしまって、もうちょっと丁寧に描けたらよかったな…と反省していたので、こうやって言ってもらえて本当に救われたよ。ありがとう。

    いつも読んでくれて感想くれてありがとう。私も柊乃さんのファンなのでずっと応援してます❤︎

    作者からの返信 2018/04/20 11:21

  • はじめまして、フェザーフォルテです。
    最初の自由でふわふわした雰囲気の青春が好きです。こんな部活に憧れます。

    後半からは暖かくて切ない感情がこみ上げてきました。
    ミウちゃんの笑顔や、ミウちゃんが見た綺麗な世界が浮かんできて素敵でした。

    ハヅキ先輩、登場した時間は短かったけど好きになりました。これから自由に絵を描いて欲しいですね~。きっと大学で本当の力を発揮しているはず……!

    フェザーフォルテ   2017/11/22 16:27

    フェザーフォルテさま

    この度はこの作品を見つけてくださって読んでくださって本当にありがとうございます!返信遅くなってしまってすみません(;_;)

    前半と後半で雰囲気を変えたいなあと思って書いていたので、フェザーフォルテさんの感想すごくうれしかったです。ミウの笑顔や綺麗な世界、浮かんできたでしょうか…!そう言っていただけただけで私はとても幸せです(;_;)

    ハヅキは私も結構お気に入りキャラで、彼のことを全然書いてあげられなかったのでいつかスピンオフでも書けたらいいなあと思ってます(笑)

    素敵な感想、レビュー本当にありがとうございました!

    作者からの返信 2017/12/27 23:14

  • ◎レビュー御礼、KIMORI 様

    きもりさん(;_;)! 素敵なレビューありがとうございました!読んだとき嬉しくて泣きそうでした(;_;)!

    2人の関係が変わっていくのを、色が塗られていくようだって言っていただけて本当に嬉しかったです。ミウが新しい色を描くようになるまでを見守っていただけて、twitterの方ではミウの絵を生で見たいと言っていただけて、この話を書いてよかったなあと思えました!

    きもりさんはレビューを書くのもお上手なので本当に尊敬です…(;_;)♡

    2017年もぜひ仲良くしてください!本当にありがとうございました♡大好きです(;_;)

    野々原 苺   2016/12/31 22:28