ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月29日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 後輩
    • ヤキモチ

    『エアラブ放送局です!本日は高等部入学式に突撃訪問です!美友先輩こんにちは!』
    『ええ?』

    中等部の後輩の出現に美友は驚いたがマイクを受け取った。

    『こんにちは。素敵な入学式でしたよ』
    『ありがとうございました。これでインタビューは終わりです』

    そんな後輩はじっと美友を見つめた。

    「なんか綺麗になってる」
    「そんな事ないよ」
    「髪も切ったし、スカートも短くて……」
    「どうしたの?」

    彼は美友の手をつかんで歩き出した。

    「許さない。僕を忘れるなんて」
    「忘れてないよ。ねえ、どうして怒っているの?」
    「……あのね。美友先輩。僕の事好き?」
    「好きだよ」
    「後輩としてじゃなく、男としてだよ!」
    「私は好きとかよくわからないの」

    すると彼は美友にギュと抱きついた。

    「僕はこれくらい好き!だから」
    「わかったわ。じゃ、一緒に帰ろう?」

    この2人を芹那は今日も呆れて見ていたのだった。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 授業中
    • 後ろからギュッ

    私「よしっ、できた!」
    私の目の前には美味しそうなカップケーキ。
    名前は知らないけど、あのイケメンの先輩に渡すんだっ!
    「みゆき〜!カップケーキできた〜?」
    あ!幼馴染の和くん(ヨリ)だ!
    私「うん!できたよ〜」
    「うわ〜、ちょーうまそー!俺にチョーダイ♡」
    えっ!?
    私「私、渡したい人がいるからっ!」
    「…フーン…それって、あの名前も知らないセンパイのこと?」
    なんで知って…!
    和くんは私の腰に手を回して、後ろから抱きついてきた。
    「そんな奴より、俺のほうがみゆきのこと好きだと思うけどなー。」
    私「エッ////」
    「あはっ、みゆき顔まっかー♡」

    結局カップケーキは和くんにあげました////

    開く閉じる

    • 同級生
    • 卒業式の後

    「やだ!帰らない!」
    「なりません!帰りますよ!」
    私悠里は超がつくほどのお嬢様…今日は卒業式だった。好きになった晴人くん告白してないしあえてもない
    「帰りますよ!」
    彼は執事の綾鷹
    『ガラッ』
    「紗南柄!」
    「晴人くん!」
    「芹生院様こないでください!」
    私を担ぐ綾鷹、
    「降ろしなさい!」
    「…」
    『トン』
    綾鷹によって私は意識を失わされた。最後の日なのに…
    -晴人-
    「何してるんだ」
    「近づかないでください」
    「はぁ!?」
    「…不良のあなたとつるまれては困ります」
    「!…それでも俺はその子が好きなんだ…」
    「分かりました…お嬢様…」
    「んっ…何するの!綾鷹!」
    執事の彼にキスされる彼女、その起こし方は…
    「お嬢様、一言だけ申すことを許します。」
    「!」
    「早く」
    「晴人くん好き!付き合って!」
    「…!俺も好きだ!」
    「…」
    俺らは付き合うことになった…

    「俺だって好きだったのに…」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

山下くんがテキトーすぎて。 (柊乃/著)

  • この話めちゃくちゃ好きです!!
    暇さえあれば読んでるって感じです笑
    山下くんと春華さんの関係が気になりすぎるので本買います!笑

    あっぽぽ   2020/02/22 16:28

  • 感想失礼します(❁´ω`❁)
    わたし、この作品もう何十回も読み返してるんです。
    読むたび読むたび色んな感情が湧き上がってきて
    感想を書こうにもまとまらないんですよ💦
    作品がよすぎて、感想が書けない!
    ↑こんなことあるなんてびっくりです。
    わたしはこの作品の最後の1ページがすごく好きで
    「そんなに急がなくても」
    「明日からずっと話せるんだから」
    山川くんのこの言葉!特に好きです!
    彼の口から出る「ずっと」って、深ーい意味がある気がして…。
    2人の葛藤とかすれ違いとかを乗り越えた先の
    「ずっと」、はいつ読んでもうるっときます😭
    ていうかこんなに長文になってしまった!
    すみません!これからも執筆頑張ってください!

    みったさん   2019/12/29 15:21

    みったさん さんへ

    こんばんは!
    数年前の作品にも関わらず読んでいただけて、さらに感想をいただけて嬉しすぎました( ; ; )
    たくさん読んでくださりありがとうございます!涙

    そしてラストシーンは、自分でも思い入れのある部分なので触れていただけて嬉しいです、、こんなに深く読みこんでもらえるとは( ; ; )
    山下の愛はほんとに重いので、なにがあっても愛音を離さないと思います😂

    温かいメッセージを本当にありがとうございました。来年も楽しく頑張りたいと思います!
    みったさんもよいお年をお過ごしください!

    作者からの返信 2019/12/31 19:21

  • とってもおもしろかったです
    山下くんにきゅんきゅんさせられました💕最高すぎます!!
    これを最初に電子版でよんで文庫本のほうも買ってしまいました!!✨それくらい大好きな物語です❤️
    これからも頑張って下さい!!柊乃さんの作品大好きです💓

    _moka   2019/12/05 19:09

  • 山下、智、大倉、諒(りょう)って、もしかして某事務所がお好きなんですか??
    山下くんにも大倉くんにもときめかせていただいたのですが、それが気になってしまいましたすみません(笑)

    Parinco   2019/11/03 02:02

  • 面白かったです!番外編も読みたいです!
    もう一回パスワードを配信していただけませんか?

    *リイト*   2019/09/16 19:39