ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月14日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 切ない【お題】

    「俺たち、別れよう」

    突然の言葉。しかも、メッセージで。

    彼に本音で話せたことなんて一度もない。いつも顔色を伺って、ニコニコ、優しい私でいなきゃと最大級に気を張っていた。

    だけど好きだったんだ。理屈なんてなくて。10個の嫌いなところよりも、たった1つの好きが私の心を独占するくらいには。

    まだ理解できてない頭で、幼なじみの冬馬に電話する。

    「もしもし?彼氏にさ、別れようって言われちゃった…はは。」

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    幼なじみの優から急に電話がきた。彼氏と別れたって。

    「でも、気が楽になっていいかも。あはは」

    なんて、ばればれの強がり。優はめったに弱音を吐かないし、ましてや泣くなんてない。例え相手が14年もの付き合いの俺でも。

    それがどうしようもなくもどかしい。

    「俺じゃ、だめ?」

    なんて、言える勇気もないのに。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 切ない【お題】

    「…先輩、卒業おめでとうございます」
    あぁ、だめだ。
    先輩のおめでたい日なのに、声がどうしても暗くなってしまう。
    だって、悲しいんだもん。
    先輩は学校でひとりぼっちだった私を、先輩1人だけだった文芸部に誘ってくれた。
    私と先輩、2人だけの時間がとても楽しかった。
    …でも、また私は1人になっちゃうんだね。
    「そんな悲しい顔すんなよ。大丈夫だって。狭山はもう1人じゃない。俺がいなくても1人じゃない。それに後輩だって来るだろ?大丈夫だって」
    先輩、なんでそんなこと言うんですか。
    私には先輩がいてくれないと、嫌です。
    「泣くなよ。狭山」
    ぽんぽんと優しく頭をなでる。
    先輩…っ。
    「なんでこんな日に優しいこと言うんですか。いつもみたいに意地悪言ってくださいよ」
    だって、そうしてくれないと…。
    先輩、私は初恋を隠したまま、先輩を送り出さなきゃいけないじゃないですか。

    開く閉じる

    • 同級生
    • お昼休み
    • 教室

    キーンコーンカーンコーン        
    え!? 昼休み、もう終わり!?
    僕はまだ先輩と一緒にいたいのに・・・
    あと一年早く生まれていれば、先輩とずっといちゃいちゃできるのにな〜
    もし、同じクラスだったら授業中だって、休み時間だってほかのだれとも話す時間がなくなるくらい独り占めするのに、、、
     次の授業なんて受けないでずっと先輩の側にいたいな。。
    そういえば、今日のデートはどうします?前に先輩が見つけた野良猫でも探しにいきますか?笑
    ホームルームおわったらすぐ来ますね!!
    じゃあまた放課後!

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

キミはまぼろしの婚約者 (葉月りゅう/著)

最初ラブコメっぽいけど、ちゃんとしたブルーになる予定です(^^;)

  • メルちゃん*

    ぎゃー!メルちゃんありがとう~~!(ノД`*゚)゚・:。.

    お時間割いて読んでくれて、
    しかも出逢えてよかっただなんてお言葉まで……もう感激です!!(号泣)

    キラキラした感じ、受け取ってもらえてとっても嬉しいです。
    ブルー系は自信がなかったので余計に(^^;)
    メルちゃんの心にちょっとでも残ってくれたのなら、本当に書いてよかった…☆

    素敵なレビューまで、本当にありがとうございました.˚‧º·(´ฅωฅ`)‧º·˚.
    メルちゃんも完結おめでとう!!
    私も楽しませてもらいますね~♡

    葉月りゅう   2016/05/21 18:56

  • りゅうさんこんにちは(*^_^*)
    此方の作品読みました。

    キラキラしてて真っ直ぐで眩しかったです。
    こういう作品ほんとに好きで…上手く伝えれませんが、出逢えて良かったです。

    自分の周りにいる友達を大切にしようと思えました。

    素敵な作品ありがとうございます。

    柚姫メル   2016/05/21 12:34

  • ゆゆ。さん*

    ぅわぉΣ こちらまで読んでくださったなんてっ!
    ありがとうございます~!。+゚(゚´Д`゚)゚+。感涙

    小夜は天然記念物かってくらい純粋でまっすぐでしたよねw
    大変だしツラいことも多いのに、それを選ぶというのは相当な決断だと思います。

    お父さんの言葉に反応してくださって嬉しい…!
    あれは親の立場として自分が思うことで、
    私もそういう親にならなきゃな、という目標みたいなものでもあるので(v_v*)

    ふたりならきっと素敵な人生を歩んでくれるはず☆
    キョウもね、今頃ありさとくっついてるかもしれませんね。笑

    温かい素敵なレビューまで、本当にありがとうございました!!
    いつもいつも感謝です♡(*´ω`pq゛

    葉月りゅう   2016/04/03 19:10

  • →つづき*

    おぉ、まさかの律派!?(*゜ロ゜)
    レビュー読んだ時も、やっぱりじゅりたんもキョウ派かなぁと思ってたからびっくり!w

    でもでもほんと嬉しいなー!☆
    抱えてる事情もあって、あんまりカッコ良くは書けなかったヒーローだけど。
    じゅりたんも言ってくれたような、ダークさとか人間味のある部分を感じ取ってもらいたかったから、もう私は大満足ですよ。゚(゚´ω`゚)゚。

    なんか今回もみーんな人が良くなってしもたね。笑
    キョウとありさ、くっつけようかとも思ったんだけど、一応そのままにしといた(^^;)
    もしかしたら、その後イイ雰囲気になってるかもなぁ……サイドストーリーできそうだw←

    青春って感じとはちょっと違うけど、
    友情と恋とで悩んで、答えを出して、未来に向かって進む。その過程を自分なりに書けたかなと思っとります。

    じゅりたんの心に残るような作品になっていたら幸いです…!(*´ω`pq゛
    “淡い鼓動は時に美しく、時に残酷なモノ”
    レビューのこのフレーズ、好きだー♡

    丁寧に読み取ってくれて、本当にありがとう!!
    またいつかこういうブルー作品を書きたくなるような活力までもらいました☆
    溢れんばかりの感謝を✿˘︶˘✿ ).。.:* ♬*゜

    葉月りゅう   2016/03/29 15:58

  • じゅりたん*

    。゚(゚∩´﹏`∩゚)゚。号泣。
    すっごい時間をかけて、素敵レビューと丁寧なコメントをくれて、本当にありがとねぇぇ(ノД`*゚)゚・:。.
    多忙なのに、目もアカン状態なのに…←

    前代未聞の3フレーム(笑)、もうスクショして保存だよこれ!
    ありがとうありがとう~~!!☆

    以下お返事です↓

    まずナルシストに吹きましたww
    たしかに途中までの律はほんといただけないヤツだったよね(^^;)
    小夜達を遠ざけるために演じてたわけだから、そう捉えてもらえたのは、ある意味成功だったのかも(笑)

    小夜もよく頑張ったなぁと。一途だし潔いし(笑)、作者と真逆の健気なヒロインでした(*´ー`*)←

    ストーリー展開をお褒めいただいて、ホッとしとります…☆
    律の事情とかも、どこでどの程度バラしていこうか悩んだので。。
    踏切のシーンもハラハラしてもらえてなにより( ̄∇ ̄)爆。臨場感あったならよかった!

    そうかそうか、たしかにじゅりたんの気持ちとリンクするような部分は結構あったかもねww
    言われてみれば、律とじゅりたんってどこか似てるのかも(*´艸`)

    そうそう、えっちゃんは兄貴です!笑 私も彼好きだなぁ*
    ラストの時点では、彼はたぶん結婚してるだろうなーと思ってたんだけど、よろしければ差し上げますよ♡笑

    “パンドラレター”なんて上手いことを!(´。✪ω✪。`)
    いくつかの重要な手紙の部分で感情移入してくれて本当に嬉しいんだけど、
    胸きゅんしてもらえたってことが、さらに嬉しい!☆
    切なキュンを目指してたんだけど、あんまりキュンの方が出せなかった気がしてたから(^^;)

    続きます→

    葉月りゅう   2016/03/29 15:40