ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • VD2020【お題】
    • 後ろからギュッ

    私は去年のバレンタインに振られた。
    振られたのは去年だけど少し未練があるなぁ。
    そんなことを考えながら、幼なじみの豹と帰っていた。すると豹が
    「紅羽、今年のバレンタイン誰かにやんの?」と聞いてきた。
    「ううん。今年は誰にもあげないよ。」と答えるとニヤニヤしながら
    「お前振られたもんな」と馬鹿にされた。そんなことを話しながら帰ると家の前で
    「明日バレンタインだな」そう言って豹は帰った。
    次の日いつも通り帰ってると急に立ち止まって豹に
    「お前やっぱ元彼引きずってんの?」
    と言われ、私は
    「うん。多分」っと答えながら歩いた。すると豹が後ろからだきついてきて
    「もう忘れろよ」と言って、チョコをくれた。
    私はびっくりして振り返った。すると豹が笑いながら
    「逆バレンタイン、俺がずっとそばに居てやるよ」と言ってチョコをくれた。
    私は照れながら
    「約束だよ」
    と言ってチョコを受け取った。

    開く閉じる

    • 後輩
    • VD2020【お題】
    • 屋上
    • 後ろからギュッ

    「今日誰かにチョコ渡したりしました?」
    屋上での昼食中に、隣に座る後輩くんが急に顔を覗き込む

    おにぎりを頬張りながらボーッとしていた私は、突然現れた顔に驚きを隠せる訳もなく目を丸くしたままフリーズした

    「先輩、聞いてました?僕の話」

    おでこをくっつけながら「チョコ誰かにあげたんですか?」と問うてくる後輩くん

    「チョコ……?あ、今日バレンタイン……?」
    家の犬に似てるなー、後輩くん。と考えながらぼんやりと質問に質問で返す

    「やっぱり忘れてたんですね」
    呆れ混じりのため息とともに顔が離れていく

    キーンコーンカーンコーン

    「あ、先生に呼ばれてたんだった」
    またね、と髪を撫でくりまわして扉を開く。

    その時、「先輩」と呼ばれ、爽やかな香りに包まれた。

    驚いていると頬に柔らかな感触があたり、手に箱を渡される。

    扉が閉まる瞬間「ハッピーバレンタイン」と男の子の声が聞こえた気がした。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • VD2020【お題】
    • 教室
    • 頭ぽんぽん

    「北島先輩遅いなぁ。」
    放課後の教室は思った以上に静かだった。
    そんなことを思いながら待っていると北島先輩が
    「伊藤!遅れてごめん!」
    そう言って近づいてきた。
    私は
    「忙しいのにごめんなさい。あの伝えたいことがあって」
    と言うと
    「ん?どした?」と北島先輩が微笑んだ。
    私は勇気を振りしぼって言った。
    「あの。入学してからずっと好きでした。よかったらもらってください。」
    いざ告白すると照れて北島先輩が見れなくてうつむいていた。
    その時、北島先輩の手が私の頭の上を軽く跳ねた。そして顔を上げると北島先輩が…
    「俺も好きだ。チョコもお前からしかもらわねぇって思ってた。」
    私の顔を見てそう言った。






    放課後の教室は先輩と甘いチョコの匂いがした。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

彼女とウェスタンブーツと僕 (高山/著)

感想下さいね。

  • 幸色さんありがとうございます。この女性は闘病中にここに来て僕の作品を読んでました。

    今でもある場所に感想が残ってます。

    彼女が向こうの世界でも楽しく過ごせてると良いなと思います。


    レビューまでありがとうございます♪

    高山   2016/08/25 19:12

  • こんばんは!お疲れ様です。

    上手く言葉に出来ませんが、心と心が深く繋がっているんですね。奏でるぺこんぺこんが鼓膜を破って心に入り込んじゃいました。高山さんの中で強く生きてるんですね。深くて深くて私にも響くくらいです。彼女にも届いてます。すみません、上手く書けません(T^T)

    幸色 つづり   2016/08/25 19:03

  • わぁー!!宇喜田さん元気でしたか?嬉しいなあ♪相当忙しいんだろうなあと思いながらも元気なのかなあと気になってました。いやあ、宇喜田さんが元気ならそれで良いです。今日はとても嬉しいです。

    この作品も同じ女性の物ですが、男女の間にもなんと言うか違う形の結び付きってあると思いますよね。

    嬉しい感想と素敵なレビューありがとうございます(^-^)いやはやとにかく宇喜田さんが元気ならそれで良いです。

    今日はとても嬉しいです。ありがとうございます(^-^)

    高山   2015/07/28 18:28

  • お久しぶりです、宇喜田です。生きてます。

    やっぱり好きだなぁ、高山さんの短編。
    やっぱり好きだなぁ、高山さんのこと。

    稚拙な感想しか出てこないのが情けないですけど・・・。この作品、大好きです。

    宇喜田さな   2015/07/28 14:44

  • そうかもですね。思い出の夏なのでしょうか。う~ん僕には、まだ生々しい思い出ですよ。シンプルには、心がけてます。シンプルにってか削ぐんですね。要らない装飾をいかに削ぐかをわりといつも考えてます。蒼井さんの短歌も良いですね。
    短歌も言葉を削ぐのでしょうか?

    僕も書きたいけどなかなか書けません。絵文字や顔文字入れたら随分印象変わりますよ。僕も最初は顔文字使えなかったけど、今はなるべくいれます。ネットの世界なので特に始めての方には丁寧に顔文字いれてますね。

    その辺りは蒼井さんのさじ加減で良いと思いますよ。一番僕が苦手なのが!!びっくりマークですよ笑怒ってるのとか思います。

    では、暑くなりますからお互いに無理せずアイスクリームでも食べて乗りきりましょう♪いつもありがとうございます(^-^)

    高山   2015/07/26 23:24