ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月14日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 後ろからギュッ

    私は、生徒会長 蓮と付き合っている
    そして私は、副会長。だから一緒にいる時間が多い

    「会長、会計の間違えがないか見てください」

    「ねぇ会長じゃあなくて蓮って呼んでよ」
    「なんでですか?」
    「敬語もやめ!普通に呼んで!!」

    は?どうした?いつものクールはどこへ行った?
    そんなことを考えていたら 蓮が

    「会長って言われると 佳奈が遠くなるような気がして……寂しい」

    と小さな声で私を抱きしめながら言った

    「会長……じゃなくて蓮。寂しくさせてゴメン私は、ずっと蓮の隣にいるから大丈夫だよ」

    本当にいつもありがとう蓮

    開く閉じる

    • 先生
    • 祭り
    • 切ない【お題】

    地元から少し離れた夏祭り
    新調した浴衣に、少しオトナになった私を見て欲しかった。
    強請って、強請って、強請りまくって、遂に了承を得た。

    みんなが大好きな先生を独り占めする罪悪感と、緊張。
    それから、
    嫌でも感じてしまう青春の終わり。

    「先生!すみません、お待たせしました」
    人混みの中に先生の姿を見つけ、そこに駆け寄る。
    いつもの紺色のTシャツ。
    何枚持ってるんだと思うほどに毎日着ているそれ。
    「…待ってない」
    先生の目の前で、一つ息を整える。
    「先生、浴衣どうですか?」
    先生の眉間にシワが寄った。
    「精一杯、作ったな。
    背伸びしてる感が満載だ」
    え、と固まる私に、先生が吹き出した。
    「はいはい、似合ってる似合ってる」
    「本当ですか?」
    「あぁ」
    優しくなった表情に、
    思わず頬が緩んでしまう。

    先生のいる、最後の夏。
    終わらせないために、貴方のために
    音を紡ぐから、

    いかないで

    開く閉じる

    • 切ない【お題】

    「俺たち、別れよう」

    突然の言葉。しかも、メッセージで。

    彼に本音で話せたことなんて一度もない。いつも顔色を伺って、ニコニコ、優しい私でいなきゃと最大級に気を張っていた。

    だけど好きだったんだ。理屈なんてなくて。10個の嫌いなところよりも、たった1つの好きが私の心を独占するくらいには。

    まだ理解できてない頭で、幼なじみの冬馬に電話する。

    「もしもし?彼氏にさ、別れようって言われちゃった…はは。」

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    幼なじみの優から急に電話がきた。彼氏と別れたって。

    「でも、気が楽になっていいかも。あはは」

    なんて、ばればれの強がり。優はめったに弱音を吐かないし、ましてや泣くなんてない。例え相手が14年もの付き合いの俺でも。

    それがどうしようもなくもどかしい。

    「俺じゃ、だめ?」

    なんて、言える勇気もないのに。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

覆面チルドレン (高山/著)

久しぶりの短編で苦労しました。しかし、書くって事の喜びを感じました。水瀬さんありがとうございます♪

  • 楓さんありがとうございます♪そちらの感想ノートに書き込まれた返事も見ました。政治的意見は合わなくて良いと思います。ついあー!こういう方が居るんだと嬉しくなりまして熱くなりました。

    僕は、非常に好みだと時に熱くなりすぎます。申し訳ない。

    懐かしい騎手ですね。僕は、当時は凄い賭けをしてたので、冷静に騎手を見られなかったかもです。

    今たまにユーチューブ等で見返すととても良いですね。レビューありがとうございます。また時間が出来たら伺いたいと思います。なんというかここではベテランで実力あるかたですが、知り合うきっかけが無かったので知り合えて嬉しいです。


    ありがとうございます(^-^)/

    高山   2015/08/14 16:40

  • こんばんは。タイミング的にまるでレビュー返しみたいになってしまって、まことに不本意なのですが(笑)、今週はもう今日しかログインできないと思い、レビューを付けさせてもらいました。
    やっぱり小説っていいですね♪

    南井懐かしい。
    田原、河内、南井、的場、岡部、加藤、僕にとっての競馬全盛期を駆け抜けた中年いぶし銀騎手たち。最高です。

    楓 十色   2015/08/13 23:50

  • 田原騎手は一種の天才でしたね。僕は武が好きなんですよ。長い距離になった時の武の乗り方は好きでした。南井も好きでした。あの下手さ加減が賭けをしてる人にはたまらんです笑逆に岡部が嫌いでした笑賭けてましたからね。そこで追えよ!でしたね。

    村上さんは、全て小説は読んでますが、何となく分かりますよ。最近のやたらに批判されてるのは売れっ子って大変だなと思います。ねじ巻き鳥か世界の終わりが好きですね。

    ありがとうございます♪

    高山   2015/08/07 15:56

  • 田原騎手大好きでした。長手綱でトップガンを御している姿は本当にかっこよかった。でも薬物はいけませんね。

    ちなみに福永騎手も好きなのですが、この作品の福永はいけませんね。笑

    村上春樹好きです。ただ、その内容が好きと言うよりも、文体というか、言葉の流れ方が好きです。ノルウェイの森なんて、内容はさっぱり覚えていませんから。

    楓 十色   2015/08/07 15:46

  • おー!紺野さんありがとうございます♪これは企画ならでは書けたかもです。一般的にはうけなかったです笑大抵最近はうけません笑

    緩やかに伏線を張ったのは企画だからかもです。最近はわりと伏線張らずにわざと投げますね。

    あー競馬は昔非常に好きでしたがこれは、たまたまですよ。原田以外は実在の名前を変えてます。田原騎手は昔京都にいつ頃偶然本屋で会いました。かっこ良かったです。薬物の試用は残念です。京都競馬場はいつも昔は行ってました。

    紺野さんのプロフを見たら村上さん好きみたいですね。僕もとても好きです。


    同年代だから分かるってありがたいです。ありがとうございます(^-^)

    高山   2015/08/07 14:57