ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先輩&幼馴染み
    • 朝部
    • 体育館
    • 告白

    「体育館の1on1見に行こうぜ?賭けの対象は好きな人らしい。」

    「知ってる。薫先輩と唯翔だろ?」

    扉を開けると本当に1on1をしていた。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    (コート内)

    「負けたら潔く諦める約束だから。」

    「いくら先輩でも麗華は渡しません。」
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ビーーダムダムダム...

    薫先輩と唯翔はほぼ互角...。

    ...っと唯翔がとった!

    「「「キャー!頑張って!」」」

    キュッ タン スパッ

    「「「キャー!唯翔く~ん」」」

    シュートのあとはキョロキョロ誰かを探していた。私と目が合うと...

    「麗華!昔から好きだ!付き合ってください!」

    私は嬉しくて、唯翔のいるコートに走った

    「唯翔が好き!こちらこそお願いします!」
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    これから始まる幼馴染みとの恋物語

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    「…歌恋、お前昨日また男から告られてただろ。」

    「ま、まぁ。そうだけど…。
    どうかした??」

    「歌恋は、なんて返事したんだ??」

    「なんで?別に宗には関係ないでしょ。」

    「関係あるんだよ!」

    「なんでよ!
    私のこと好きでもないくせに…。」

    「俺…歌恋のことがずっと前から好きだ。
    何で俺がお前のこと好きじゃないなんて思ったのかはしらねぇけど、ずっと前から、俺はお前しか見えてないんだよ!」

    「え……嘘でしょ…。」

    「嘘じゃねぇよ。」

    トコトコトコ ギュッ

    「告白の返事は
    『好きな人がいるので、ごめんなさい』って断ったよ。
    ……私もずっと前から宗のこと…好きだから。」

    ギュッ

    「本当か?!
    嬉しすぎる!!」

    チュッ


    END.

    開く閉じる

    • 同級生
    • 授業中
    • 屋上

    「〜っく、」

    佐倉さん…何で卑怯な事が出来るんだろ。

    最近はいじめと取れる行動も見えてきた。
    もう、教室にいるのが辛い。
    いっそこのまま飛び越えちゃおっかな。
    そしたら楽に…なれるでしょう?

    -バンッ

    「はぁっ…はあ、山口!」
    「っ、森吉君?」

    何で森吉君が居るの?

    「おい…何してんだ!降りろよ!」

    私の体は無意識のうちにフェンスを越えようとしていた。

    森吉君はそんな私をそっと降ろしてくれる。
    その温もりが暖かくて安心した。

    「先生にはもう言った。佐倉は今校長室に居る」
    「え?森吉く…んっ」

    唇にフニっと柔らかな感触が伝わり、頭が真っ白になる。

    「も、森吉君…!?」
    「ごめんな…俺、山口のことずっと好きだったのに」

    「…っ」

    今度こそ我慢していた涙が零れた。

    「…っ、森吉君わた、しも!」

    そう言うと森吉君はふにゃっと笑って。

    「可愛い、山口」

    そう呟いた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

下町退魔師の日常 (森村 悠里/著)

  • 歌乱さま。

    初めまして!
    そしていらっしゃいませ!

    感想、本当にありがとうございます。
    読みやすいと言って頂いて、ほっと胸を撫で下ろしています。良かった~!

    最後、お好みでしたか?
    あぁ~本当に良かったです! ラストはやっぱりほっこりとした感じがいいですよね♪

    私も歌乱さまからかなりのパワーを頂きました。
    ありがとうございました!

    森村 悠里   2017/01/20 00:19

  • 初めましてー!!
    作品読ませていただきましたー♪

    戦闘系を呼んだのは久しぶりなんですが、
    戦闘が想像しやすくなっているし、
    他の所でも、とても読みやすかったです!!

    そして、ラストの終わり方が
    見事に私好みで…
    さいこーでした!!

    歌乱   2017/01/18 20:50

  • 山下あやとりさま。

    初めまして!
    いらっしゃいませー!!

    感想ありがとうございます。

    そうですね、マツコのお母さんは、絶対にマツコが戦えないだろーとかいう年齢に亡くなってます。
    実は、そこ結構悩んだんです。
    あんな危ない鬼退治を、子供1人でやらせるのかー!って(笑)

    しかし、ストーリー上母ちゃんの記憶も曖昧な感じにしたかったし・・・。

    ここだけの話、マツコが小学校高学年になるまで、祠から魔物は出て来なかったんです。
    あの大惨事を引き起こした一件で、祠から魔物が出てくるサイクルが狂ってしまったのかも知れません。
    マツコの父ちゃんが、鬼姫なんていう魔物を無理やり呼び起こしてしまってますから。


    って、言い切りました!!!(笑)

    感想、本当にありがとうございます。
    そんなに優しい方ですから、みんなのピンチにも絶対に逃げたりしないと思いますよ?(*^_^*)
    現に今、あたしが物凄く元気をもらってますもん♪
    一言一言、喜びを噛み締めながら読ませて頂きました!

    こちらこそ、読んで頂いて本当にありがとうございました!

    森村 悠里   2015/02/09 21:50

  • すごく面白かったです!
    戦いのシーンは、その状況が映像として目に浮かぶようでした。特に鬼姫との戦いのシーンは圧巻でした。

    ちなみに、私がマツコなら、町を捨てて外国にでも逃げちゃうかもと思いました。戦うの怖いし。(笑)最後まで戦い抜いたマツコはエライ!

    ところで、一つ質問です。
    お母さんが亡くなったのは、確かマツコが3歳のときでしたよね。とすると、お母さんの死後、マツコは早くも3歳くらいから戦いを始めていたということでしょうか。(だとしたら、ますます健気ですね。)

    ……戦いはじめた年齢まで気になってしまうのは、きっと私が、登場人物がまるで本当にいるかのように物語の中にのめり込んでいたからだと思います。


    本当に、すばらしい筆力だと思いました。

    良い作品を読ませていただき、ありがとうございました。

    本当に面白かったです!

    山下あやとり   2015/02/09 15:48

  • 咲耶さぁん!

    コメントありがとうございます!
    も、それだけで充分ですー!(T_T)

    ぶっちゃけ、ここまで来れただけで本当に有り難いですよ。
    咲耶さんには、いつもいつも励まされて、感謝しかないです。

    本当にありがとうございます!
    大好きですー!

    セバスチャンーーー!(笑)

    森村 悠里   2015/01/21 17:56