ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年05月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 倉庫
    • 後ろからギュッ

    倉庫で二人っきりで過ごした後。
    気付いたら、寝すぎてしまった。


    「やばっ!!
    リナちゃん、可愛い!」

    「馬鹿。
    志貴さんが起きたらーーやばいから早く出るぞ!」

    なんか、うるせーな。
    パチっ、と目が覚めて後ろからギュと抱き締めていた温もりにーーーー。
    ハッ、とした。
    目の前のリナは、無防備にスヤスヤ寝てる。

    目の前にいる野郎共。

    「見た?」
    「「いえ!見てません」」

    なんか、震え上がってる。
    「あー良かった。
    じゃあ、出てって。」

    後ろからギュ、と抱き締めた。
    「あの、志貴くん、恥ずかしいですっ」
    いつ起きた?
    俺は、リナを見つめた。
    「誰にも、見られたくない。
    俺だけのリナっ」
    誰にも見せない、大切な君。

    開く閉じる

    • 先生
    • 放課後

    がら、とドアを閉めて。
    ふぅと息をついた。
    気持ちを切り替えて教室へと向かう。

    「せんせい」

    教室に入ると、相良先生。
    少しムスッとしていた。
    居残り中に、呼び出されて出ていった私。そりゃあ、怒るか。

    「早川か?」

    不機嫌そうに言う。

    「えぇ、まぁ」

    特に嘘をつくことでもなかった。
    素直に頷く。

    「……付き合うのか?」
    「え?」
    「告られたんだろ。付き合うのか?」

    先生は嫌そうに聞く。
    嫌なら聞かなきゃいいのに。

    「……えぇ、まあ。前向きには検討してます」

    私はどうとでも取れるような言葉を言った。
    先生は、子供みたいにすねたようにして。

    「あっそーかよ!どうせ俺なんて…」

    と、語尾を曇らせた。

    いつもはクールな先生の、そんな姿。



    断りましたよ、先生が好きだから。
    そんな言葉は言えなかった。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 部活中
    • 部室
    • 壁ドン

    サッカー部のマネージャーをしてる私には1つ年上の彼氏がいて

    部活でキャプテンをしてて周りの女の子から沢山もてていて


    私なんかがって思ってしまうことが…
    そんな不安を隠すためにマネージャーの仕事に没頭してる私は


    後輩と部活のことで少し話をしていると…


    「マナ(私)。ちょっといい?」


    そう言われると手首掴まれて部室へと連れていかれた。

    部室に入った途端鍵をして壁へと追い詰められた。


    「俺になんか言うことない?……俺が不安にさせてた事は謝る。…でも。だからといって無駄に水分は取らないし。かと言って部員にはとるよーにいうし。…熱もあるじゃん。もっと自分を大切にして。お願いだから。」


    『……ずっと怖かった。…好きなのは自分だけなのかなって…。だから。マネージャーの仕事に没頭してた。』


    「俺は。マナだけだよ。今日はずっと一緒にいるからね。」

    と頭撫でてもらえた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

溺あま作家*あいら*さんpresents「溺愛120%の恋♡」シリーズ 6作品の刊行が決定!

溺あま作家*あいら*さんpresents「溺愛120%の恋♡」シリーズ、6作品の刊行が決定!11月25日発売『キミが可愛くてたまらない。』をスタートに、隔月で“溺愛”まみれのストーリーをお届けします。作品は互いにリンクしているので、読めば読むほど楽しめるはず。サイトでは一足早く登場人物や各作品の設定をご紹介。さらに、ドキドキシーンの先行公開も…?乞うご期待&お見逃しなく!!

「溺愛120%の恋♡」シリーズ

第1弾 無愛想クール系幼なじみ×天然ほんわか女子
『キミが可愛くてたまらない。』 2018年11月25日発売

第2弾 女嫌い冷血プリンス×鈍感癒し系女子
『クールな生徒会長は私だけにとびきり甘い。』 2019年1月25日発売

第3弾 隠れヤンデレ系美男子 × 天然無自覚美少女
『腹黒王子さまは私のことが大好きらしい。』 2019年3月25日発売

第4弾 強引な一匹オオカミ × 心優しい家庭的女子
『ルームメイトの狼くん、ホントは溺愛症候群。』 2019年5月25日発売

第5弾 甘やかし系年上幼なじみ × ド天然小悪魔美少女

Coming soon

第6弾 クール時々甘々同居人×地味子系隠れ美少女

Coming soon

著者プロフィール

*あいら*

マンガ家を目指す女子大生。胸キュン、溺愛、ハッピーエンドをこよなく愛する頭お花畑系女子(笑)。2010年8月『極上♥恋愛主義』が書籍化され、ケータイ小説史上最年少作家として話題に。そのほか、『♥ LOVE LESSON ♥』『悪魔彼氏にKISS』『甘々100%』『クールな彼とルームシェア♥』『お前だけは無理。』『愛は溺死レベル』が好評発売中(すべてスターツ出版刊)。現在もケータイ小説サイト「野いちご」で執筆活動を続けている。

インタビュー

①今回のシリーズを書こうと思ったきっかけは?

今回「溺愛120%の恋♡」シリーズを書こうと思ったきっかけは、担当さまから「溺愛系のものでこういうのが書きたいみたいなものはありますか?」と言っていただけたことがきっかけです!この際だから、溺愛全開の、甘々な作品を書いてみたい!と思い、頭の中にある甘度高めの作品をドバーッとプロットに書き出しました!幼なじみ、クール系男子、同居もの、男子校、年上彼氏、生徒会長などなど、私の好きなものをたくさん詰めて提案させていただいたのですが、「溺愛120%の恋♡」シリーズとして正式に書かせていただけることが決まり、とても嬉しかったです……!

②設定やストーリーはどうやって考えているの?

お答えするのが難しいのですが、パッと突然思いつく感じです……!思いついてしまえばあとはトントン拍子に話が出来上がり、設定やストーリーは数時間〜1日くらいで仕上げます。

ただ、たまに例外があるのですが、書いていくうちに辻褄を合わせて行ったり、新しいエピソードを思いつく場合も稀にあります!大体はパッ思いついてサッとプロットに落とす、という感じですね……!わかりにくすぎる説明で申し訳ないです……!

基本私は頭が良くないので、深く考えずパッションで書いてる気がします……!(笑)

③読者へのコメント(注目してほしいポイント)

いつも温かい応援ありがとうございます!

今回は「溺愛120%の恋♡」シリーズとして書き下ろしを隔月で6冊出させていただけることになり、光栄に思っています……!

シリーズ全体として、とにかく有りっ丈の溺愛!はもちろんのこと、甘々・胸キュン・ときめきいっぱいの物語を届けられるように頑張ります!

また、シリーズは6冊全てに繋がりがあり、そこも楽しんでいただけると嬉しいです!

読者さまを幸せいっぱいな気持ちにできるような作品を目指して頑張りますので、是非読んでいただけると嬉しいです!

キャンペーン情報

応募者全員プレゼント♪ 「溺愛120%の恋♡」シリーズの文庫を6冊集めたら、書き下ろし限定小冊子プレゼント!

「溺愛120%の恋♡」の文庫を6冊買って、

限定小冊子をもらっちゃおう!

応募方法

「溺愛120%の恋♡」帯の応募券を切り取り、はがきの表面に必ず6枚貼り、

  1. 郵便番号
  2. 住所
  3. 氏名(本名)
  4. 電話番号

をご記入の上、下記までお送りください。

応募はがきの送り先

〒104-0031

東京都中央区京橋1-3-1 八重洲口大栄ビル7F

スターツ出版株式会社 「溺愛120%の恋♡」キャンペーン係

※全期間を通して、おひとり様1冊のみの発送となります

※応募券コピー不可、応募は国内からに限ります

対象商品

「溺愛120%の恋♡」シリーズの文庫6点

応募締切

2019年12月末まで

※商品発送は2020年1月末頃予定

さ・ら・に!

抽選で10名様に

*あいら*さんのサイン色紙もプレゼント!


たくさんのご応募、お待ちしています。