ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2018年05月24日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 教室

    「別れよう」
    決意を込めて私ははっきり彼を睨んだ

    「…なんで?」
    彼は微笑みを崩さず私の頬に触れる
    動揺しては負けだと握りこぶしを作った

    「賭けで付き合われても嬉しくないの」
    盗み聞きが上手いらしい友人に先程聞いたこと。

    「…バレたんだ」
    否定しないんだ…
    心がチクリと痛む

    「でも別れるかどうかはそれとこれとは別だよね」
    急に手首をひかれ距離が詰まる
    「えっ…!ん…っ」
    未だかつて無い程強引に唇を奪われ
    酸素を求めて口を開けた私の中にぬるりとした舌が入り込む。
    逃げようにも力が入らなくて彼の服を握りしめるしかない。

    ゾクリとするほど謎の浮遊感に襲われる

    「…んぁ……は…っ」
    「『付き合ってから夢中になった』じゃ君の中でだめなわけ?」

    甘い声で耳元で囁かれ
    背中を何かが這った感じがする

    「好きじゃなかったらこんなのできないよ。
    それに1度手を出したらこんなにも俺は止まれない」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室

    昨日、葵にすっごい馬鹿にされたから今回の期末テストでぎゃふんと言わせてやるんだから!!

    そう思って私はこれまで以上に頑張り、今日順位が書かれている紙が配られた。

    そして放課後…

    「約束覚えてる?負けた方は勝った方の言うことを何でも一つ聞くことだからね!」

    「あー。心配しなくてもそれはおまえだから大丈夫だわ笑」

    今に見てろー!絶対言わせてやるんだから!

    「せーの!」

    同時に開いたプリントには1位という文字と3位という文字。

    「やった!!本当に勝った!」

    「まじか!お前にしては頑張った方じゃん?で?俺は何をすればいいんだ?」

    「あ、あのね…好きって…言って欲しい…かな?」
    「!…///す、好き…大好きだからな」


    「おい、なんか言ってくれよ。恥ずかしいんだけど」

    今までにないくらい真っ赤になった葵につられたのは言うまでもない

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室

    「相笠さん、待たせてごめん…」


    誰もいない教室の放課後。


    先生に呼び出された俺を待っててくれた彼女は、どうやら寝てしまったらしい。


    「ねぇ、相笠さん、寝てるの?」


    「…ん……ん。」




    相笠さんって本当、無防備なんだから。



    ちゅ…


    俺は、そんな彼女の頬にイタズラっぽく唇を落とす。



    「…ん、九条くん…くすぐったいよ…スー…スー」





    フッ…相笠さん、一体どんな夢見てるの?

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

第3回スターツ出版文庫大賞

累計200万部突破!めざせ作家デビュー

スターツ出版文庫は、2015年に創刊したライト文芸のレーベルです。

男女問わず、学生から大人までより幅広い年齢の方々が面白く読めて、大切なことが見つかる、そんな“心の成長”を与えてくれる小説をお届けしています。


第3回となる今回は“希望と共感”をテーマに、ブランドコンセプト【この1冊が、わたしを変える。】にふさわしい、作品を募集します。

スターツ出版文庫編集長 篠原 康子より

『この1冊が、わたしを変える。』

スターツ出版文庫は、創刊以来ずっと変わらず、このブランドコンセプトを掲げてまいりました。

人生の中で、言葉はとても大きな存在です。

些細な言葉ひとつにも人は励まされ、背中を押され、希望を見出すことができます。

そして、そんな言葉たちが寄せ集まって紡ぎだす物語世界は、時に想像を絶するパワーで誰かの心に光を灯し、人生の道標となったりします。

あなたの心が生み出した物語、あなたの熱い想いが託された1冊が、誰かの心に届くとき、誰かの未来はきっと変わるはずです。

そんな素敵な物語をスターツ出版文庫は発信し続けていきたいと思います。あなたのエントリーを、心よりお待ちしております。


大賞1作 賞金30万円+スターツ出版から書籍化

優秀賞(作品数未定) 賞金10万+スターツ出版から書籍化

応募資格

不問(プロ、アマ、年齢等一切問いません)

応募方法

  1. 「野いちご」、「Berry's Cafe」にて書かれた作品のキーワードに、『スタ文大賞3』と設定してください。(※数字は半角です)
  2. 本文の最終ページに、400字程度のあらすじを記載してください。あらすじの内容を元に審査を進めさせていただきます。あらすじとは、ストーリーの全容、登場人物の設定や大きな流れを簡潔に明記したものです。

原稿枚数

「野いちご」、「Berry's Cafe」上で、文字数8万字以上、13万字以内に収めてください。

(1ページの最大文字数は5000字)

対象

応募サイト「野いちご」、「Berry's Cafe」で読むことができる作品。エントリーは両サイト上で受け付けます。

スターツ出版文庫のコンセプトに準じた作品であれば、複数エントリーしていただけます。


以下に該当する作品のエントリーは不可となります。

  • 「野いちご」、「Berry's Cafe」の規約に反するもの
  • 過去に書籍化されたもの
  • 書籍化の予定があるもの
  • 本人以外に著作権及び著作隣接権があるもの
  • 現在開催中である他の文学賞に応募しているもの
  • そのほか当編集部が不適切と判断したもの


<注意事項>

※複数のエントリー可とします。

※新作を推奨いたしますが、テーマに沿った作品であれば、既存作品でも可とします。

※シリーズ作品や続編、サイドストーリーなど、その作品だけでは物語が完結していない場合、原則として審査対象外となります。ただし「第1巻」などとして、その巻だけでも楽しめる場合は審査対象となります。

※完結締め切り後の作品内容編集は、誤字脱字の修正のみ可といたします。番外編等の追加を含む大幅な内容の編集をされた場合、失格となります。なお、完結締め切り後に作品掲載ポリシー違反が発覚した場合も同様に失格となります。

スケジュール

  • 8月10日(金)13:00 エントリー&完結締切

この日時までに作品を公開状態の上、完結ボタンを押してください。

  • 9月中旬 結果発表


審査について

審査員 スターツ出版 書籍編集部

審査方法 編集部ですべての作品を読んだ上で、総合的観点から審査いたします。

諸権利

受賞作品の出版権、雑誌掲載権、インターネット上への掲載権、映像化権等はスターツ出版(株)に帰属します。受賞作品の、全部または一部をスターツ出版が発行、運営する紙面、インターネット、携帯電話向けサイトで掲載することがあります。