ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年02月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • VD2019【お題】
    • 廊下

    「相良先輩います……か…わお」
    私は今、先輩である相良先輩の教室に来ていた。
    チョコを作ったから、渡そうと思ったけど…無理かな!
    「相良くん、チョコ受け取って!」
    「作ったからよければ食べて?」
    「相良くん──」
    先輩、モテモテなようで。お疲れ様です。
    あんなにチョコ貰ってるなら、別に渡さなくてもいいよね。
    このチョコどうしよう。

    「あれ?陽菜ちゃん、2年の教室に来てどうしたの?」
    この声は!
    「碓氷先輩?」
    「うん、碓氷先輩だよ」

    なんと、相良先輩の友達の碓氷先輩でした!
    先輩、丁度いいところに来てくれましたね。

    「碓氷先輩、良ければこのチョコ受け取ってください」
    「え?愁はいいの?」
    愁とは、相良先輩の事だ。
    「はい、沢山貰ってるようだし、私のは義理なんでいらないと思って」
    「…そっか(義理…ね、愁ドンマイ)じゃあ、貰おうかな」


    「──ダメに決まってんだろ」


    _②に続く

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • VD2019【お題】
    • 廊下→図書室
    • 続編

    ②続き_

    「──ダメに決まってんだろ」

    「え?」
    私の後ろから突然聞こえてきた声。…相良先輩?
    「雅人、そのチョコは俺のだ」
    「はいはい」
    碓氷先輩に渡したチョコを、相良先輩は奪うように受け取る。
    「行くぞ、陽菜」
    先輩に腕を引かれる。
    「ちょ、相良先輩っ!?」

    連れて来られたのは、誰もいない図書室。
    ずっと無言だったから、なんだか怖い。

    「お前、俺にチョコ渡さねえつもりだったのか?」
    「いえ、先輩沢山貰ってたようなのでいらないと思って」
    「他の奴のなんて受け取ってねーよ」
    「ひどいですね」
    どんな鬼畜野郎ですか。
    「…。つかお前、義理ってどういう事だよ」
    「普通に義理ですけど」

    「クソ、次は作ってこいよ」
    「はい?」

    「今回は義理で我慢してやる。でも来年は、本命チョコを持ってこいよ」
    「意味が分かりません」

    どういう事?


    「好きだって言ってんだよ」

    開く閉じる

    • 同級生
    • VD2019【お題】
    • 中庭

    中庭の隅っこのベンチに、体操座りで座る私はため息をつく
    「チョコ苦手とか…
    もっと早く知りたかった」
    クラスのイケてる女子たちが男子に義理チョコを配っていたが、匠は一人それを断っていた
    今持っているこのチョコは、その匠にあげるために作ってきたもの
    「無駄になったなー
    お父さんにあげるか」
    「なんで?」
    ため息をついてベンチにあげていた足を下ろし、帰ろうとした時後ろから声が聞こえて驚いて振り向く
    「たっ、くみ?!」
    驚きすぎて変な声が出た
    そんな私に匠は笑う
    「なあ。それくれねぇの?」
    「え、チョコ苦手なんでしょ?!
    あってか別にあんたにあげるなんて」
    「それはそれ。これはこれ」
    匠は私の言葉を最後まで聞かずチョコを取り上げて一つ口に放る
    「…うん。あっまい」
    苦手なはずのチョコを嬉しそうに食べる匠
    渡すときに言おうと予行演習までした言葉は全部飛んでった
    「…好きだバカ」
    「ん、知ってる」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

第3回スターツ出版文庫大賞

受賞作発表!

大賞 賞金30万円+スターツ出版から書籍化

『トゲトゲじかけのサボテンは優しく君をハグしたい』Coconakid/著

優秀賞 賞金10万+スターツ出版から書籍化

『昼休みが終わる前に。』たかはしえみ/著

【第3回 スターツ出版文庫大賞/結果講評】

この度は、「第3回 スターツ出版文庫大賞」の開催に際し、多数の作品をエントリーいただき、誠にありがとうございました。

今年もまた実に魅力的で優れた作品が多く、回を重ねるごとに、皆様が創作にかける「ほとばしる情熱」に我々審査員一同、胸がいっぱいになります。

ご応募くださった作家の皆様、そして、作品をお読みくださった読者の皆様に、この場をお借りして心より感謝申し上げます。


さて、第3回となる今回は「希望と共感」をテーマに、ブランドコンセプトである【この1冊が、わたしを変える。】にふさわしい作品を募集いたしました。

今回の審査ポイントは、その物語世界が放つメッセージの熱さ。それがどれだけ読み手の心に届き、心を摑み、心に希望の灯をともしてくれるか――そんなメッセージが与えてくれる<成長感>に重きを置きました。「誰に、何を、メッセージしたい作品なのか」「読み手はその物語を、自分にとって必要なものと思えるだろうか」などを念頭に据えながら全作品を拝読しました。もちろん、文章力や構成・展開力などのテクニカル、また唯一無二の物語としての個性やインパクトなども注視しつつ、厳正なる審査をさせていただきました。


その結果、大賞1作と、優秀賞1作が決定いたしました。


見事、大賞受賞となった作品は、Coconakid様の『トゲトゲじかけのサボテンは優しく君をハグしたい』です。

個性的なタイトルのこの作品が与えてくれるメッセージをひとことで表現するならば、それは「生きる勇気」です。人の世の生き難さと救い、思春期ならではの心の惑いや青臭いこじらせを辿る中で見えてくる一筋の希望の光……。不幸な出来事や境遇を嘆くより、見方を変えて前を向いて生きていくことこそが、人生にとっていかに大切なことかを教えてくれます。物語が内包する重たさは、特に前半部分などで若干もどかしい感も与えますが、作品全体を通しテーマ・モチーフ共にしっかりと設定され、非常に読み応えのある作品に仕上がっていました。また、特筆したいのは、そのオリジナリティと仕掛けの面白さです。誰もが日常に抱くリアリティに寄り添いつつも、独特な感性で放たれるサボテンや手品といったキーワードの数々、そしてラストに「あッ! そういうことだったのか!」と気付かされる衝撃的展開など、小説ならではの非日常の面白さを爆発させています。後味爽快、心温まるメッセージが詰まった感動作でした。


続いて、優秀賞を受賞したのは、たかはしえみ様の『昼休みが終わる前に。』です。

過去を変えに行くというタイムリープ系の仕掛け作品でしたが、こちらも仕掛け以上にそのメッセージ性の豊かさに胸打たれる作品でした。一歩前に踏み出す勇気や、笑顔で前を向くこと、すべては自分次第で決まるという「自己再生」を力強く伝えてくれています。ただし、やや先が読めてしまう設定は否めず、大人味の感覚と童心との混在がある心地悪さ、またご都合主義的な展開など気になる点は若干あるものの、それらを凌駕するほどの熱いメッセージと希望感ある展開には、やっぱり心惹かれてしまいます。読後感もよく、文章の書き味なども非常によくて、読み始めると最後まで目が離せず一気読み必至の作品でした。10代の若い読者だけでなく、大人読者にもウケる秀作だと思います。


以上、受賞されたお二方、本当におめでとうございます! 今日のこの日を機に、今後益々素晴らしい作品を生み続けていってください。


また今回エントリーされた作品は甲乙つけがたい力作ぞろいで、最終審査には他5作品が残り接戦を繰り広げましたので、そのことにも少し触れたいと思います。


犬上義彦様の『冬至りなば君遠からじ』は、人とぶつかると相手の災いを取り除き消えてしまうという身代わり幽霊に恋をするという設定は面白く、リアルな暮らしの中にある優しくも心温まるファンタジーは興味深く読ませていただきました。文章テクニックやキャッチ―な言葉の使い方など惹かれる要素は多かった。ただし、回収しきれていない伏線も少々あり、メッセージ性の物足りなさで決め手に欠けました。


大椛馨都様の『きっと夢で終わらない』も仕掛けの面白さで読み進めさせる力のある作品。ショッキングな冒頭から始まり、人と繋がることで次第に生きる力をもらえるという話で非常に好感が持てました。ですが、等身大感が今一歩足りず、メッセージや切実さにもちょっと物足りなさを感じてしまい、よって共感度としては残念ながら不十分でした。


篠原 愛紀様の『青春メトロノーム』は、幼馴染3人がお互いを特別な存在として思いやり、自身の身を挺してでも守り、未来を変えていこうとする物語で、健気さ・一途さ・純粋さに溢れた描写には胸打たれるものがありました。物語の構成・展開としての仕掛けやエンディングに達成感がやや乏しく、惜しい結果となりました。


丸井とまと様の『遅咲きの初恋』は爽やかで可愛らしい思いが詰まった素敵な作品でした。自分の声がコンプレックスで、他者との関わりを避けてきた主人公女子の日常が、ある男子との出会い・交流によって変化し、本当の自分らしさを取り戻すというメッセージはよいのですが、全体感としてラブストーリー性が強く、やや意外性に欠けるものでした。


美波 夕様の『君が残してくれたもの』は、ライトな書き味ながら、核となるメッセージや仕掛けもあり、ほんのちょっとミステリー調で面白い。序盤、知らず知らずのうちに興味をそそられ、読み進めてしまうが、ラストに近づくにつれ、欲しいリアリティとやや乖離していくため、気持ちが離れていってしまうのが課題だと思います。


以上、最終審査に残った5作品は、どれも健闘著しい作品でした。残念ながらあと一歩のところで受賞には至りませんでしたが、それぞれの著者の皆様が、今後益々研鑽を重ねられますことを心から期待しております。



時が経つのは早いもので、スターツ出版文庫は今年12月には創刊丸3年を迎えます。

そして、いよいよ4年目がスタートします。

これまでの日々、素晴らしい小説作品に恵まれ、レーベルとして活性化してこれたのも、本当にスタ文を愛し応援してくださる皆様がいればこそで、すべては皆様が与えてくださった「奇跡」だと心から感謝しております。

1年ごとに、いえ、1ヶ月ごとに、いえ、1日ごとに刻々と変化していく、小説を取り囲む現状。そんな変化の中、スターツ出版文庫はしなやかにそっと人々の心に寄り添い、でも軸足はぶらさずに【この1冊が、わたしを変える。】――素敵な出会いを創っていきたいと思います。


そして、スタ文を愛するすべての皆様、次回コンテストも開催予定ですので、どうか奮ってご応募くださいませ。

スタ文の新たな小説世界の幕開けは、きっと、あなたからです!

スターツ出版文庫 編集長 篠原康子


累計200万部突破!めざせ作家デビュー

スターツ出版文庫は、2015年に創刊したライト文芸のレーベルです。男女問わず、学生から大人までより幅広い年齢の方々が面白く読めて、大切なことが見つかる、そんな“心の成長”を与えてくれる小説をお届けしています。

第3回となる今回は“希望と共感”をテーマに、ブランドコンセプト【この1冊が、わたしを変える。】にふさわしい、作品を募集します。

スターツ出版文庫編集長 篠原 康子より

『この1冊が、わたしを変える。』

スターツ出版文庫は、創刊以来ずっと変わらず、このブランドコンセプトを掲げてまいりました。

人生の中で、言葉はとても大きな存在です。

些細な言葉ひとつにも人は励まされ、背中を押され、希望を見出すことができます。

そして、そんな言葉たちが寄せ集まって紡ぎだす物語世界は、時に想像を絶するパワーで誰かの心に光を灯し、人生の道標となったりします。

あなたの心が生み出した物語、あなたの熱い想いが託された1冊が、誰かの心に届くとき、誰かの未来はきっと変わるはずです。

そんな素敵な物語をスターツ出版文庫は発信し続けていきたいと思います。あなたのエントリーを、心よりお待ちしております。


大賞1作 賞金30万円+スターツ出版から書籍化

優秀賞(作品数未定) 賞金10万+スターツ出版から書籍化

応募資格

不問(プロ、アマ、年齢等一切問いません)

応募方法

  1. 「野いちご」、「Berry's Cafe」にて書かれた作品のキーワードに、『スタ文大賞3』と設定してください。(※数字は半角です)
  2. 本文の最終ページに、400字程度のあらすじを記載してください。あらすじの内容を元に審査を進めさせていただきます。あらすじとは、ストーリーの全容、登場人物の設定や大きな流れを簡潔に明記したものです。

原稿枚数

「野いちご」、「Berry's Cafe」上で、文字数8万字以上、13万字以内に収めてください。

(1ページの最大文字数は5000字)

対象

応募サイト「野いちご」、「Berry's Cafe」で読むことができる作品。エントリーは両サイト上で受け付けます。

スターツ出版文庫のコンセプトに準じた作品であれば、複数エントリーしていただけます。


以下に該当する作品のエントリーは不可となります。

  • 「野いちご」、「Berry's Cafe」の規約に反するもの
  • 過去に書籍化されたもの
  • 書籍化の予定があるもの
  • 本人以外に著作権及び著作隣接権があるもの
  • 現在開催中である他の文学賞に応募しているもの
  • そのほか当編集部が不適切と判断したもの


<注意事項>

※複数のエントリー可とします。

※新作を推奨いたしますが、テーマに沿った作品であれば、既存作品でも可とします。

※シリーズ作品や続編、サイドストーリーなど、その作品だけでは物語が完結していない場合、原則として審査対象外となります。ただし「第1巻」などとして、その巻だけでも楽しめる場合は審査対象となります。

※完結締め切り後の作品内容編集は、誤字脱字の修正のみ可といたします。番外編等の追加を含む大幅な内容の編集をされた場合、失格となります。なお、完結締め切り後に作品掲載ポリシー違反が発覚した場合も同様に失格となります。

スケジュール

  • 8月10日(金)13:00 エントリー&完結締切

この日時までに作品を公開状態の上、完結ボタンを押してください。

  • 9月中旬 結果発表


審査について

審査員 スターツ出版 書籍編集部

審査方法 編集部ですべての作品を読んだ上で、総合的観点から審査いたします。

諸権利

受賞作品の出版権、雑誌掲載権、インターネット上への掲載権、映像化権等はスターツ出版(株)に帰属します。受賞作品の、全部または一部をスターツ出版が発行、運営する紙面、インターネット、携帯電話向けサイトで掲載することがあります。