ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2018年11月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 溺甘【お題】

    久しぶりにの鈴と手を繋いで帰る
    カップルじゃねぇのに
    俺鈴が好きすぎて困ってんのに
    「ルンルンルン♪」
    ニコニコしながら鼻唄
    鈴が幸せな時にする癖
    いつもクールなのに気分がいい時だけニコニコしていてその顔が誰よりも可愛い
    鈴の笑顔は凄い破壊力があるから毎回困る
    「なんでそんなに嬉しいんだ?」
    「今日は律と帰れるから
    私ずっと待ってたんだよ!
    だから凄く嬉しい!」
    ニコッ
    満面な笑みを向けられた
    可愛すぎ
    「外でそんな顔するなよ!!
    変な奴が鈴に近づいて来たらどうすんだ」
    「大丈夫!
    私可愛くないから」
    そう胸を張って言われた
    自分の可愛さに気づけよ!
    「律だけだよ
    私のこと可愛いって言うの
    どこが可愛いの?」
    「笑顔!」
    即答で答えた
    「たまにしか見せないのに?」
    「鈴の笑顔可愛すぎて見たら俺のもんにしたくなって毎回困ってんだ」
    「だったら律の物にして!
    律大好き」
    ヤバッ
    超嬉しい!!

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 溺甘【お題】

    掃除だから仕方ないってわかってる。たまたまあの子とあいつが同じ雑巾係なだけで、無愛想なくせに笑ってるのも、全部掃除だからってわかってるつもり…
    「…かわいすぎ。」
    「へっ?」
    不意に大好きな匂いと影が近づいてきて、バッと顔を上げる。
    「何?嫉妬してんの?」
    余裕そうに緩く口角を上げるこいつは相変わらず意地悪だ。
    「は?誰があんたなんかにー」
    「あっそ。じゃあ戻る」
    本当に踵を返そうとする彼の制服の裾をギュッとつかむ。毒舌で腹黒いけど、こう見えて一応私の彼氏だったりする。
    「…嫉妬してるよ?悪い?」
    「お前っ…はあー」
    グイッと強引に腕を引っ張られて大好きなあいつの温もりに包まれる。
    「そんな顔、他の男に見せるんじゃねえよ」
    「どうせ可愛くないもん」
    「…バカだろ。この俺が惚れたお前だぞ?」
    ーチュッ
    「…うぜえんだよ…可愛すぎて。」
    「っ〜!」
    クールな彼氏の激甘な一面に溺れそうです。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 教室
    • 溺甘【お題】

    委員会で遅くなった私を待っていてくれたのは、幼馴染の孝太。その顔は、ふんわりと微笑んでくれていて、ドキドキしてしまう。

    「なんでそんなに笑ってんの?」
    「んー?美紀が可愛いから?」
    「またー、そんな事ばっかり言っても飴くらいしか出ないよ?」
    「飴かぁ…んー…じゃあさ、コレちょうだい?」

    とんとん、と、孝太が私の口唇を指で撫でていく。

    「はぃ…?」
    「可愛い美紀の、可愛い口唇で、可愛いちゅーが欲しいなぁ?」
    「ば、ばかっ…」
    「だめ?…でも、可愛いし好きだからしちゃおっかな」

    というと、孝太は私との距離をきゅーっと詰めて、背を屈めてくる。
    近付く孝太の顔。そして吐息。

    「ん、ん…っ」
    「可愛いなぁ。このまま食べちゃいたい」
    「んーっ」
    「ね、そんな涙目で見られたら我慢出来なそうなんだけど。可愛過ぎる美紀が悪いんだからね?」
    「…ばか」

    今日はもう…お泊まり決定なんでしょうか?

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

『きみに届け。はじまりの歌』の作中詞を手掛けた緑黄色社会の新曲『リトルシンガー』がついに完成!作品の舞台となる愛知県安城市とのスペシャルコラボにより活動を開始していた地元の現役高校生サポーターの企画から、地元安城市の方々も参加した『リトルシンガー』のティザー動画が作成され、公開がスタート!

さらに、『きみに届け。はじまりの歌』あなたの願いを届けよう!キャンペーンも実施中!「〇〇に届け。〇〇の歌」の〇〇に、歌にのせて届けたいあなたの願いを当てはめてツイートしてね。ツイートしてくれた方の中から抽選で5名様に、沖田円さんと緑黄色社会のWサイン本をプレゼント!


安城七夕まつり直前!スペシャルインタビューUP

『リトルシンガー』MVついに公開!

作品の舞台、安城市PR企画・ティザー動画公開スタート

沖田 円さんからのコメント

私の出身地、愛知県安城市の高校に通う学生さんたちの協力のもと、たくさんの人の思いが詰まった素敵な企画が生まれました。

ひとりひとり届けたい相手、言葉が違う十人十色の思いを乗せた歌が、多くの人の心に響くことを願っています。きみに届け、はじまりの歌!

『きみに届け。はじまりの歌』あなたの願いを届けよう!キャンペーン

参加方法

STEP1 スターツ出版文庫の公式Twitter(@stabunko)をフォローする。

STEP2 「〇〇に届け。〇〇の歌」の〇〇に、歌にのせて届けたい願いを自由にあてはめてツイート

※〇〇に当てはめる言葉はティザー動画を見て参考にしてみてね!

STEP3 ツイートには必ず下記のハッシュタグを付けてください。

#きみに届け。はじまりの歌

※アカウントは必ず公開の状態にしてください。

賞品

抽選で5名様に、

沖田円&緑黄色社会Wサイン本をプレゼント

〆切

期間延長決定!2018年8月6日(月)まで

当選者発表

お客様Twitterアカウント宛に当選ダイレクトメッセージをお送りいたします。当選ダイレクトメッセージに記載されているURLにアクセスし、必ず1週間以内に必要事項をご入力ください。

※期間内にご入力いただけなかった場合は、当選の権利は無効とさせていただきます。

※当選者の発表時期は、期間終了後(2018年8月下旬頃)を予定しております。

個人情報の取り扱いについて

当選者様からいただく個人情報は当社にて厳重に管理し、プレゼント発送以外の目的では使用いたしません。

個人情報のお取り扱いに関しましては、弊社プライバシーポリシーをご覧ください。

スペシャルコラボ企画

安城市の現役高校生によるサポーター活動が開始!

このプロジェクトに応募してくれた地元の高校生メンバーが集まり、先日安城市内で第1回目のサポーター会議が行われました。8月の「安城七夕まつり」にむけ、『きみに届け、はじまりの歌』とのコラボ企画についてアイデアを出し合いました。

スペシャルコラボ企画のメイキング映像公開中!

緑黄色社会【リョクオウショクシャカイ】

2012年活動開始。愛知県在住。 Vocal長屋晴子の力強く透明で時に愛らしい独特な歌声、キーボードpeppeの型にはまらないフレーズ、Guitar小林壱誓の柔らかいコーラス、バンドを支える最年少、穴見真吾のBass Line。 同級生3人と幼馴染で結成し、お互いを知り尽くした4人がそれぞれの個性を出し合い、 様々なカラーバリエーションを持った楽曲を表現し続けている。2018年3月14日 1stフルアルバムをリリースし、インディーチャート2位を記録、4月〜5月に6都市で開催されたライブツアー“リョクシャ化計画2018”は全会場ソールドアウトとなった。

メンバーからのスペシャルライブ告知動画も公開

沖田円さんプロフィール

愛知県安城市出身・在住。超人気小説『僕は何度でも、きみに初めての恋をする。』(スターツ出版刊)は24万部を突破し、ガンガンコミックONLINEでの連載を経てコミカライズ単行本も発売中(スクウェア・エニックス刊)。昨年末に地元・安城市を舞台に書き下ろされた青春小説『きみに届け。はじまりの歌』では、同じ愛知県出身のバンド「緑黄色社会」のボーカル・長屋晴子氏による作詞で作中コラボし話題に。他にも『一瞬の永遠を、きみと』『春となりを待つきみへ』『神様の願いごと』『真夜中プリズム』等ヒット作が続き、全著作累計60万部を突破する人気作家である(すべてスターツ出版刊)。