ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月06日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 後輩
    • お昼休み
    • 屋上
    • 告白 キス

    帰る用意をしていた時、後輩が私の教室にきた。
    その後輩は、部活の後輩で私が可愛がっていた子だった。
    後輩「せ、先輩!!少しだけお話できますか?」
    私「いいけど...」

    私はドキドキしながら屋上までいった。
    後輩「あの、こんなところに呼び出してすいません。」
    私「全然大丈夫なんだけど、どうしたの?」
    後輩「俺、部活で活動している時も休み時間もずっと先輩の事、見ていました!」

    私は手が震えながらもその話を聞いていた。
    後輩「お、俺!!先輩のことが好きです!自分でも馬鹿だと思っています。後輩が先輩に告白するなんて...こんな夢が叶うはずないと思っていますが、この気持ちは、本当なんです。なので、よければ付き合ってください!」

    私の胸がドキドキして、後輩にも聴こえそうだった...そして私も...
    私「私でよければよろしくお願いします。」
    そして、後輩から優しくて甘いキスをもらった。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • キス

    放課後、私は幼なじみの彼氏玲也(れいや)に言われて残っていた。
    私も伝えたい事があったから丁度良かった。
    伝えたい事は、『別れよう』の一言だ。
    元々がクールで冷血だからなんだろうけど付き合ってからも冷たいし、『好き』も告白の時しか聞いてない。
    今も待たせといて来るの遅いし、まだ彼を好きなのは事実だけどこんなの耐えられない。

    玲「夏羽(なつは)」
    夏「玲也、私言わないといけない事があるの」

    玲也が私の名前を呼んで深呼吸をしたところで言った。

    夏「別れよう」
    玲「は?」
    夏「だって。付き合ってるのにいつも冷たいじゃん。私は大好きなのに、こんなの耐えられない!」

    溢れてきた涙を拭って教室を飛び出そうとすると後ろから抱きしめて、

    玲「ごめん、本当は大好きだ。好き過ぎて、可愛すぎてどうにかなりそうなんだ。上手く言葉に出来ないから、受け取って」

    そう言って私の唇を奪った。

    開く閉じる

    • 先生

    授業中、先生の背を見るのが、ただなんとなく好きだ。

    「いいか。ここ、凄く大事だからメモしとけよ」

    それは私がただ、先生を好きなだけ。

    叶わない恋だって、よく言われる。

    それでも、先生を見ると、やっぱり好きが止まらない。

    放課後、一人で悩むのは癖だ。誰もいなくなった教室で、呟く。

    「葉山先生って、彼女いるのかな……」

    「いねえよ」

    「そっ、か……っ!?」

    顔を上げると、そこには葉山先生。呆れたように笑う顔は、意外と優しい。

    「あ、あの、忘れてください……っ」

    先生はいたずらに笑って、無理、と囁く。

    「何のためにそうしてたと思う?」

    「えっ……?」

    「本当、鈍いよな」

    するりと先生の指が、私の髪に触れる。そして、先生は私の耳ギリギリにまで近寄る。

    先生の熱が伝わって、身体が火照る。

    「俺はお前だけしか見てねえよ」

    優しく唇を奪うあなたは、ずるい大人だ。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

沖田円『きみに届け。はじまりの歌』スペシャルコラボ

『きみに届け。はじまりの歌』の作中詞を手掛けた緑黄色社会の新曲『リトルシンガー』がついに完成!作品の舞台となる愛知県安城市とのスペシャルコラボにより活動を開始していた地元の現役高校生サポーターの企画から、地元安城市の方々も参加した『リトルシンガー』のティザー動画が作成され、公開がスタート!

さらに、『きみに届け。はじまりの歌』あなたの願いを届けよう!キャンペーンも実施中!「〇〇に届け。〇〇の歌」の〇〇に、歌にのせて届けたいあなたの願いを当てはめてツイートしてね。ツイートしてくれた方の中から抽選で5名様に、沖田円さんと緑黄色社会のWサイン本をプレゼント!


安城七夕まつり直前!スペシャルインタビューUP

『リトルシンガー』MVついに公開!

作品の舞台、安城市PR企画・ティザー動画公開スタート

沖田 円さんからのコメント

私の出身地、愛知県安城市の高校に通う学生さんたちの協力のもと、たくさんの人の思いが詰まった素敵な企画が生まれました。

ひとりひとり届けたい相手、言葉が違う十人十色の思いを乗せた歌が、多くの人の心に響くことを願っています。きみに届け、はじまりの歌!

『きみに届け。はじまりの歌』あなたの願いを届けよう!キャンペーン

参加方法

STEP1 スターツ出版文庫の公式Twitter(@stabunko)をフォローする。

STEP2 「〇〇に届け。〇〇の歌」の〇〇に、歌にのせて届けたい願いを自由にあてはめてツイート

※〇〇に当てはめる言葉はティザー動画を見て参考にしてみてね!

STEP3 ツイートには必ず下記のハッシュタグを付けてください。

#きみに届け。はじまりの歌

※アカウントは必ず公開の状態にしてください。

賞品

抽選で5名様に、

沖田円&緑黄色社会Wサイン本をプレゼント

〆切

期間延長決定!2018年8月6日(月)まで

当選者発表

お客様Twitterアカウント宛に当選ダイレクトメッセージをお送りいたします。当選ダイレクトメッセージに記載されているURLにアクセスし、必ず1週間以内に必要事項をご入力ください。

※期間内にご入力いただけなかった場合は、当選の権利は無効とさせていただきます。

※当選者の発表時期は、期間終了後(2018年8月下旬頃)を予定しております。

個人情報の取り扱いについて

当選者様からいただく個人情報は当社にて厳重に管理し、プレゼント発送以外の目的では使用いたしません。

個人情報のお取り扱いに関しましては、弊社プライバシーポリシーをご覧ください。

スペシャルコラボ企画

安城市の現役高校生によるサポーター活動が開始!

このプロジェクトに応募してくれた地元の高校生メンバーが集まり、先日安城市内で第1回目のサポーター会議が行われました。8月の「安城七夕まつり」にむけ、『きみに届け、はじまりの歌』とのコラボ企画についてアイデアを出し合いました。

スペシャルコラボ企画のメイキング映像公開中!

緑黄色社会【リョクオウショクシャカイ】

2012年活動開始。愛知県在住。 Vocal長屋晴子の力強く透明で時に愛らしい独特な歌声、キーボードpeppeの型にはまらないフレーズ、Guitar小林壱誓の柔らかいコーラス、バンドを支える最年少、穴見真吾のBass Line。 同級生3人と幼馴染で結成し、お互いを知り尽くした4人がそれぞれの個性を出し合い、 様々なカラーバリエーションを持った楽曲を表現し続けている。2018年3月14日 1stフルアルバムをリリースし、インディーチャート2位を記録、4月〜5月に6都市で開催されたライブツアー“リョクシャ化計画2018”は全会場ソールドアウトとなった。

メンバーからのスペシャルライブ告知動画も公開

沖田円さんプロフィール

愛知県安城市出身・在住。超人気小説『僕は何度でも、きみに初めての恋をする。』(スターツ出版刊)は24万部を突破し、ガンガンコミックONLINEでの連載を経てコミカライズ単行本も発売中(スクウェア・エニックス刊)。昨年末に地元・安城市を舞台に書き下ろされた青春小説『きみに届け。はじまりの歌』では、同じ愛知県出身のバンド「緑黄色社会」のボーカル・長屋晴子氏による作詞で作中コラボし話題に。他にも『一瞬の永遠を、きみと』『春となりを待つきみへ』『神様の願いごと』『真夜中プリズム』等ヒット作が続き、全著作累計60万部を突破する人気作家である(すべてスターツ出版刊)。