ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月14日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • クリスマス4【お題】
    • 告白

    今日はクリスマス。女の子なら誰でも憧れる。大好きな人とイルミを見ること。
    けど私は______

    「……一緒に、見たかったな」

    私の幼馴染みの冬眞はバスケ部の人気者。だから他の女の子に誘われてると思って誘わなかった。
    …ううん、違う。本当は私に勇気がなかっただけ。
    ふと、時計を見ると点灯2分前。

    _____あ、もう点灯するなぁ。楽しみ!
    一人でツリーを眺めてた私の腕が、急に後ろに引っ張られた。

    「麗奈!!」
    「…え、冬眞?」
    驚いて振り返ればそこに居たのは冬眞で。
    「え、どうしたの?汗だくで「麗奈」…なに?」
    「前見て」え?前?よく分からないけどとりあえず前を見た時、ツリーが点灯された。
    「………綺麗」
    ライトアップされたツリーは予想以上に綺麗で、冬眞と見れるなんて嬉しい!
    心の中でそう思ってたら耳元でそっと聞こえた、冬眞の声。



    「麗奈、好きだよ」


    ___私も好きだよ、冬眞

    開く閉じる

    • 後輩
    • クリスマス4【お題】

    「先輩、クリスマスプレゼント何がいいですか?」

    「く、クリスマスプレゼント…?」

    「ほんとはサプライズがよかったんですけど、喜んでもらえなかったらやだなぁって」

    ニコニコ笑顔で言う白木くん

    白木くんから貰ったプレゼントならなんでも嬉しいのになぁ…なんて

    「んー…ないかな?」

    「え〜なんかあってくださいよー」

    「そんなこと言われても…」

    白木くんはないのかな?

    「じゃあ白木くんは何が欲しいの?」

    「先輩からのキスです」

    「き、き…!?」

    「いつも僕からじゃないですかー。だから、先輩からしてくれたら嬉しいなって」

    恥じらいもなく言ってくる白木くん

    「…っ」

    「ふっ、冗談ですよ」

    でもそうだよね…たまには私からしてみるのもいい…よね?

    「…?せんぱ…」

    チュッとリップ音が響く

    「く、クリスマスプレゼント…」

    「っ…」

    白木くんの顔は、真っ赤に染っていた

    開く閉じる

    • 後輩
    • クリスマス4【お題】
    • 胸キュン

    6限目の終わりのチャイムが響く。
    僕は下駄箱の前である人を待ち伏せする。
    …今日こそは。
    「あれ?優君?」
    そう言って、ふわりと笑いかけるこの先輩。
    可愛い。
    「あの先輩!」
    「咲来~!」
    僕の声は悲しくも消された。
    「咲来、今日彼氏は?」
    え。
    「休み~!」
    「あ、優君なんか言った?」
    先輩、まさか。
    「咲来先輩、彼氏いるんですか?」
    「え…うん////」
    ぽっと赤く先輩の頬が染まる。
    「クリスマスなのに、インフルになっちゃって…」
    先輩は、寂しそうに遠くを見つめる。
    「優君は、どうしたの?」
    ふいに質問をされ、さっきまでの勢いは泡のように消える。
    「…今日、暇ですか?」
    「うん」
    じゃあ、というように僕は先輩の腕を引っ張った。

    「今日だけ、僕の彼女になってください。」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

2017年12月発売のスターツ出版文庫

“この1冊が、わたしを変える。”スターツ出版文庫

スターツ出版文庫は、書店の「新刊・話題の書」コーナーや「ライト文芸」コーナーに置いてある場合が多いです。見当たらない場合は今一度売り場をご確認ください。

きみに届け。はじまりの歌きみに届け。はじまりの歌

迷いの中で見つけた、自分らしく生きること――。

きみに届け。はじまりの歌
★沖田円 初の書き下ろし!
『きみに届け。はじまりの歌』
沖田 円/著
イラストレーター:フライ
2017年12月28日発売  定価627円(税込)
出版元:スターツ出版
  • amazonで買う
  • 楽天で買う

Wサイン本の販売も決定!緑黄色社会×沖田円コラボ

『きみに届け。はじまりの歌』の作中曲『リトルシンガー』の作詞を「緑黄色社会」のボーカル・長屋晴子さんが担当!

人気急上昇中の4人組バンド「緑黄色社会」、実は沖田円さんもかねてよりファンであったことや、愛知県出身という共通点から、今回夢のコラボが実現!
『きみに届け。はじまりの歌』の物語終盤で主人公カンナが葛藤の末書き上げた曲『リトルシンガー』の作詞を担当してくださったボーカルの長屋晴子さんと、著者の沖田円さんのWサイン本を下記店舗にて限定販売いたします。

限定30冊なくなり次第終了!
発売日の12月28日(木)より
愛知県イオンモール大高店・未来屋書店にて
限定販売

さらに、2018年・春頃には「緑黄色社会」の楽曲を使った、『きみに届け。はじまりの歌』イメージビデオの発表が決定!
『リトルシンガー』の楽曲制作など今後続々とコラボ予定!

緑黄色社会【リョクオウショクシャカイ】

緑黄色社会【リョクオウショクシャカイ】

2012年活動開始、愛知県在住。2013年にSCHOOL OF LOCK × Sonymusic 10代音楽フェス「閃光ライオット」で準グランプリを獲得。Vocal長屋晴子、キーボードpeppe、Guitar小林壱誓、Bass穴見真吾が個性を出し合い、様々なカラーバリエーションを持った楽曲を表現し続けている。これまでに「Nice To Meet You??」「ADORE」の2枚のミニアルバムをタワーレコード限定でリリース。2017年11月,12月に行われた東名阪ツアーは全会場Sold Outとなり、2018年3月には初のフルアルバムを発表、4月〜5月には6都市ワンマンツアーとなる緑黄色社会ライブツアー“リョクシャ化計画2018”の開催が決定している。

僕の知らない、いつかの君へ僕の知らない、いつかの君へ

それは嘘と偶然から始まった、切ない恋の物語――。

僕の知らない、いつかの君へ
●第2回スターツ出版文庫大賞恋愛部門賞受賞
『僕の知らない、いつかの君へ』
[原題]まだ君のことは知らない
木村 咲/著
イラストレーター:カスヤ ナガト
2017年12月28日発売  定価594円(税込)
出版元:スターツ出版
  • amazonで買う
  • 楽天で買う

神様の居酒屋お伊勢神様の居酒屋お伊勢

常連客は、全国の悩める神様!?

神様の居酒屋お伊勢
★ほっこり心温まる
『神様の居酒屋お伊勢』
[原題]神様の居酒屋お伊勢
梨木れいあ/著
イラストレーター:neyagi
2017年12月28日発売  定価583円(税込)
出版元:スターツ出版
  • amazonで買う
  • 楽天で買う

▲