ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 後輩
    • VD2020【お題】
    • 教室

    今日はバレンタインデー!ということで、もちろん私もチョコレートを作ってきました!


    「後輩くーん!おまたせおまたせ、私のチョコ待ってたんだよね?」

    「いえ、違います。早く部室の鍵開けてください」

    「ちょっとくらい待っててくれてもよくない!?」

    ほんとに可愛くない後輩だな!今度から辛い味のチョコにしてやろうかなぁ。


    「ほいコレ、美味しくなかったらごめんよ」

    「わざわざ、ありがとうございます」

    「お返しは高級なお菓子でいいから!」

    「そこで要求するからモテないんですよ」

    「なんだと!」


    フンっ!別にモテなくたっていいもーん!…アレ、なんか涙出てきそう。




    「高級なお菓子は今ないんで、とりあえずこれで我慢してください」

    「え、なになにキャンディ?わぁ、かわいいありがとう!」

    「…。いづれは気付いてもらいますからね」

    「え、何を?」

    「何でもないです」

    開く閉じる

    • 後輩
    • VD2020【お題】
    • 放送部

    『ハロー!エアラブ放送局です』
    『今日は家庭科室からお届けです』

    バレンタイの後話を美友と後輩は進めて行った。

    『ええと1年男子からのお悩みです。「僕はチョコをもらえなかったのでホワイトデーで告白したいです」ですって』

    その告白の言葉を二人は考えてみた。


    『来年のチョコを僕に下さい!』
    『うーん』
    『好きです!僕と付き合って下さい』
    『どうかな』
    『じゃあ先輩が考えて』

    今度は美友が男子気分でイケボでささやいた。

    『好きだよ』
    『え?』
    『一緒いたいんだ。すごく好きだから……ねえ、僕を見て』
    『はい』
    『好き。大好き』
    『美友先輩?あの!……今日の放送はこれで終了です!』

    えええー?!と教室からのどよめきが聞こえたが彼は終了させた。

    「あら?もう終わり」
    「そうです。美友先輩。今日も大好きです」
    「ウフ?ありがとう」

    今日も生徒達を悶えさせてた二人は笑顔で戻って行った。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • VD2020【お題】
    • バスの中
    • チョコを渡す

    羽生君のクリアファイルを欲しさにファミリーアイス3箱買う私は、アイスクリームに悩まされていた。一箱ならオッケー。でも二箱は買いすぎたろうと言われるに決まっているのに私が買ったのはファミリーアイス三個だ。どうする?忘れたふりして捨てるか?いやバス待ちの見知らぬおじさんにあげるか?嗚呼、買ったドラッグストアのレジうち店員さんに(バレンタインデーのチョコですと)渡してくれば良かった。そしたら、危なくないモノとして受け取ってくれたかもしれない。ウィルスが蔓延する中、私はしくじりを後悔した。その時、バスに幼馴染が乗り込んだ。「どっしたの?」そのアイスと聞いてきた。「居る?」と涙ながら聞くと「要らねー理由が無いだろ」と爽やかに笑い、一箱をビニールから取り出した。「助かった(笑)ありがとう」と言った私に「えっ何?また羽生君のグッズ集め?」と悔しげに呆れる。ごめんというと、いい加減俺を見ろよなと言われた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

小説を探す

「舞鬼」の作品一覧・人気順
キーワード 舞鬼
ジャンル 指定なし
詳細条件 指定なし
変更する
2件がヒットしました。
詳細 シンプル

タイトル・キーワードで検索

検索キーワード
完結

作品の長さ

その他の条件

作家を探す