ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 芸能人【お題】
    • お昼休み
    • 教室
    • 後ろからギュッ

    「波は誰派?」
    クラスの子達と雑誌を広げながら誰がカッコイイとか話している。
    「あ、あたしは…」
    「勿論、俺だよね?」
    「きゃあっ!?」
    答えようとした言葉を塞ぐようにして後ろからギュッと抱きしめてきた翔。翔は芸能科で人気のモデル。当然、周りは大騒ぎなわけで…。そんなのお構い無しな翔はというと…
    「波は当然俺を選ぶよね?」
    頬にチュっとキスを落とした。
    「なっ…!?」
    「照れてる顔も可愛い」
    「そうじゃなくて…!」
    ニコニコとしている翔。
    「で?波は結局誰派?」
    「この人、かな…」
    本題に戻されるとあたしは翔の横に写っている人を指した。
    「何それ…。めっちゃ妬けるんだけど」
    拗ねてる翔。本当は翔って言おうとしたけど何か恥ずかして思わず別の人にした。
    「じゃあ、もっと俺のことカッコイイって思って貰えるように頑張らないとね」
    チュっとキスをした翔。そんな翔に目が離せなかった。

    開く閉じる

    • 芸能人【お題】
    • お昼休み
    • 屋上
    • 後ろからギュッ

    「うわぁ…!カッコイイなぁ」
    昨日発売された遥が表紙になっている雑誌を見ていると
    「雑誌なんかより本物の方が良くない?」
    ギュッと後ろから抱き締めてくる遥。
    「ちょ、遥…!?」
    首筋にチュっとキスをしてくる遥。
    「んっ…」
    変な声が出て手で口を覆う。
    「別に声我慢しなくていいのに」
    「も、もう何言って…」
    話を逸らしたくてペラペラとページをめくる。
    「あっ…。これ遥と翔君じゃん!」
    遥と翔君が一緒に写っていることが珍しく興味津々で見ていると…
    「…んっ!?」
    突然唇にキスをされた。
    「他の男見てんの何かムカつく」
    「翔君もカッコイイなぁって思うけどやっぱりあたしは遥が一番カッコイイなぁって思うよ!」
    素直な気持ちを言うと更にギュッと抱き締められた。
    「他の男なんか目に入らないくらい俺のこと見ててよ」
    その甘い声にそっと目を閉じキスを受け入れた。

    開く閉じる

    • 芸能人【お題】
    • 放課後

    「瀬名くん…あの…このポスター貰ってもいい…?」
    「…なんで?」
    「この瀬名くんがかっこいいからだよ!」
    明日公開される瀬名くん主演の恋愛映画の宣伝用ポスターの瀬名くんがカッコよすぎるのだ
    欲しくなるのは当然のことで…
    「本物ここにいるのに?」
    「それとこれとは違うの!」
    「ふーん」
    ふーんって…
    それにしても、このヒロイン役の女の子可愛いなぁ…
    わかってはいるけど、キスシーンとかもしてるわけで…
    「どーしたの、なんか顔が不機嫌」
    なにそれ、顔が不機嫌って
    「瀬名くんのせいだもん」
    「へー、なんで僕のせいなの?」
    この瀬名くんの顔でわかる、私がこうなってるのをわかって言ってる…
    「瀬名くんのいじわる」
    「ふっ、ごめん…麻耶が可愛いから意地悪したくなる」
    「っ…」
    ずるいよ、そんなこと言われたら何も言えなくなる
    「僕がキスしたいと思うのは麻耶だけだよ」
    瀬名くんのヒロインは、私でいてね

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

小説を探す

「オオカミ君」の作品一覧・人気順
キーワード オオカミ君
ジャンル 指定なし
詳細条件 指定なし
変更する
21件がヒットしました。
詳細 シンプル

タイトル・キーワードで検索

検索キーワード
完結

作品の長さ

その他の条件

作家を探す