ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年09月22日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • お昼休み
    • 教室
    • 告白

    「あ、背中に虫」
    悲鳴をあげた私を笑う。
    大好きな隣の席のアイツは嘘つき。

    「パンツ見えてんぞ」
    慌てる私。階段の下で彼がニヤリとして、
    「嘘だよ、ばーか。お前のパンツなんて誰も見たくねえし」
    もう大嫌い、なんて大騒ぎしていると、「いちゃつくな」と彼の友達がからかう。
    「お前あの子を好きだろ」
    そう言われた彼より、私の方がドキドキした。
    「は?あんな奴好きじゃねえ」
    本当かよ、と盛り上がる男子達を尻目に、私は本気でショックを受けていた。
    皆泣きだした私に驚く。
    「あ、おい」
    恥ずかしくてそこから逃げ出した。

    「待てよ」
    息を切らせて追いついた彼が、私の腕を掴む。
    「お前、なんでいつも俺の嘘は見抜けないの?」
    目を見開くと、彼が言った。
    「ごめん。でも、好きじゃなきゃこんなに構うわけないじゃん…」
    私も好きだった、と泣きながら言う私に、アイツは「俺はお前の嘘なんてお見通しだよ」と笑った。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 駅前

    奈々は、幼なじみで中学まで一緒に登下校をしていた。
    高校は、別々になってしまったが、1か月前の奈々の誕生日にやっとの思いで告白して、付き合えることになった。
    今日は、『付き合って1か月記念日だね!デートしよっ!』と奈々が誘ってきた。
    それなのに、HRが終わってから先生に雑用を頼まれ現在、集合5分前。
    「はぁ、はぁ、居たっ。」
    駅前の噴水の前にいる、奈々を見つけ息を整え声をかけようと近づく。それなのに、目の前まで来ても俺に気づかない。
    スマホ見ながら、嬉しそうにしてるし…
    「奈々っ。」
    俺に気付いて欲しくて、腕を引っ張った。
    手を引っ張った時に見えた画面、、1か月前に告白し日に2人で撮った写真だった。
    その写真見て、嬉しそうだったの…
    『あ、漣!来てたんだ。』
    「うん、遅くなってごめん」
    『全然、大丈夫!』
    上目遣いで俺を見上げてきて、デートを楽しみにしてくれてたんだと思えた。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • お昼休み
    • 屋上

    「手を挙げろ!!お前はもう包囲されている!」


    昼休みの屋上、私は唐突に彼氏である先輩へ手で作った拳銃を向ける。


    「なんだ?ガキ戻りか?」



    「うっ…だ、黙って手を挙げろー!」


    私の奇行に戸惑いながらも手を挙げてくれる優しい先輩。


    私は意を決して先輩の背中に手を回してギューっと抱きついた。


    「は…?!」


    普段、恥ずかしがって自分からできないハグ。今日は素直になってみた。


    「先輩、大好き…ですっ…!」


    ああ、言えた。
    先輩はどんな反応なの?怖くて顔が見れないでいると、急にギューっと抱き返された。


    「…俺の彼女、可愛すぎ…っ…!」


    先輩は腕の力を緩めないまま、私の耳元でこう囁いた。



    「俺は愛してるよ…。」


    普段、好きを言葉にしない先輩。
    ああ、たまには勇気出してみよっかな!



    今日も私は貴方のおかげで幸せです。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

小説を探す

「イケメン好き」の作品一覧・人気順
キーワード イケメン好き
ジャンル 指定なし
詳細条件 指定なし
変更する
3件がヒットしました。
詳細 シンプル

タイトル・キーワードで検索

検索キーワード
完結

作品の長さ

その他の条件

作家を探す