ケータイ小説 野いちご

華〜ハナ〜Ⅰ【完結】





ソファに座るとみんながそれぞれに思い思いのことをしだした。



結都と蓮士は雑誌を読み

嘉はパソコンを操作している


李玖は何やらケータイをいじっていて

楓は大きなあくびをして眠たそうにソファに身を預けていた。





楓が大きなあくびをしたせいか、私もだんだん眠たくなってきた。


だけどさすがに眩しい場所では眠れなくて、私は日陰に移動した。



嘉と蓮士がチラッと私のほうを見たけど、何も言わなかった。





私は日陰に座り込み、壁に体を寄りかけ目を閉じる。



するとすぐに眠りに落ちた。







< 163/ 417 >