ケータイ小説 野いちご

地味子の秘密 其の四 VSかごめかごめ


《お掛けになった番号は現在使われておりません………》



「あれ……?昼はちゃんと繋がったのに……」


女性のアナウンスが繰り返されるだけで、一向に彼氏には繋がらない。





その時――――――





『かごめ――…かごめ――…』





懐かしい童謡が聞こえた。





「え…?誰かいるの……?」



後ろを振り向くが、誰もいない。



ヒタヒタヒタ………



「ねぇ――!誰かいるの―?」



足音は聞こえるのに、その主がまったく見えない。





『籠の中の鳥が――――』


「………?」




『いついつ出会う――――』





綺麗で澄んだ歌声に、思わず足を止めて聴き入ってしまう。




『夜明けの晩に―――』

< 57/ 657 >