ケータイ小説 野いちご

うしろの正面だーあれ




「今日は色々決めないといけない。まずは学級委員長から、誰か立候補する者はいないか?推薦でもいいぞ。」



担任が言うと、クラスはざわめき始めた。



「え〜 やっぱ鶴見と沙良だよね〜!」



「憂が委員長なら、あたしも立候補しよっかな〜♪」



「俺、亀地なら委員長やってもいい!」



「やめとけって。
不釣り合いだ。」



「るせっ。」



その様子を、杏奈は頬杖をつきながら冷ややかな目で見ていた。



「は〜い!やっぱり鶴見・亀地ペアが良いと思いま〜す!」



「鶴見と亀地、どうだ?」



クラスの視線が2人に注がれる。



「えー やだー。」



憂が面倒臭そうに言った。



「あたしは別にいいよ?
みんなが嫌じゃなければ。」



「俺は嫌〜。」



再び憂が訴える。



「よし!じゃあ、このクラスの委員長は鶴見と亀地に決定!他にやりたい奴いないか?」



「ぅおおい!
嫌っつってんじゃん!」



憂の反論も虚しく、担任は勝手に決めてしまった。




< 366/ 675 >