ケータイ小説 野いちご




母は、隠すことを諦めたようにため息をついて続けた。


『その後‥あいつ脱け殻みたいになって‥弱った嘉人に言い寄る女はたくさんいた。昔からモテたからね、あいつ。

でもその女達とは体のつながりだけで、それ以上を求める女は次々と切り捨てていった。


私はフミコの友達だったから、あいつのアネゴみたいな存在で、フミコ死んでからもそんなあいつ見てて‥。
私は私で夫の事で悩んでて‥いつのまにかそういう関係になったの。』











私はずっと、彼を苦しめるものは何なのか、考えてきた。


(付き合ってた彼女が死んじゃったとか?)

なんて、ドラマでよくある発想をした事がないわけではなかったんだ。




でも

‥実際にそうだと言われると‥‥それは弾丸で打ち抜かれたような、想像以上の衝撃だった。






『‥‥当時のこと‥‥‥聞かせください‥‥。』






あんなに知りたいと思っていた、高瀬の過去。

『知ること』をこれほど怖いと思ったことはない。




でも、覚悟はできていた。




私はまた、目に力を込めて母親を見た。







母はタバコの火を消し、ゆっくりと語り始めた。









< 67/ 245 >