ケータイ小説 野いちご

とある先輩の、歪んだ狂愛。





いじめられっ子の根本性格って馬鹿正直ってとこだと思う。

なんでも頷くから騙されて馬鹿を見る。

その調子だといつかオレオレ詐欺にすら引っ掛かるんじゃないの。



「リレー、応援してるよ。…お前のいじめっ子として」


「…ありがとうございます」



これ、嫌味。

そんな嫌味ですら感謝されちゃったよ。


だけど泣かないそいつに嫌気すら覚えて、なんで泣かないんだよって責めたくもなって。

もっと、もっと俺を責めて恨んで最低だと貶して。

そして蔑んで嫌いになればいい。



「あ…」



箸で掴んだ唐揚げが涼夏の手からポトンと落ちて転がる。


3秒ルール、まだ大丈夫でしょ。


もし俺が本当にこいつの事が大嫌いでこいつをいじめる生徒達と何ら変わらない人間だったら、そんな事を平気で言ってた。

土だらけになった唐揚げを指差して嘲笑ってた。



「…蟻さんのご飯にしてあげようか」


「……はい」



蟻さんのご飯ってなんだよ…。

きっと涼夏以上に動揺しているのは───俺だ。











とある先輩の、歪んだ思い。




< 89/ 242 >