ケータイ小説 野いちご

イケメン★ハーレム

手伝うっていっても、書類の整理とか、コピーくらいしかできないけど。


大変だけど、あの変態達から解放されるうえに、癒しの生徒会長の姿が見れるし、一石二鳥だよね!


あ、別に生徒会長が好きってわけじゃなくて、心のオアシスってだけ。
見てるとなんか癒されるんだよね~。


「主井さん、これもお願いしていいかな?」


「あ、はいはーい!」


生徒会長に頼み事されて、思わず声も弾んでしまう。
なんでも言いつけちゃってくださいよ!


なんてニコニコしていると、生徒会長は私の顔をジッと見た。


「やっぱり、前回ミスコンで優勝しただけあって、美人だね」


「え!? いやいや、そんな事ないです!」


顔を真っ赤にして、手を思いっきり振る。
ほんと、たまたまマグレで優勝しただけだし!


「せ、生徒会長も人気だって、恋が言ってましたよー」


照れ隠しにそう言った。


「あはは、生徒会長として人気があるなんて、褒め言葉でも嬉しいよ」


「いや、褒め言葉でもないし、生徒会長だからってわけでもないと思いますけど」


「ありがとう、嬉しいよ」


頭をポン、と優しく置くように手を添えられる。


やばい、ちょっとキュンとしちゃった。

< 22/ 117 >