ケータイ小説 野いちご

不機嫌なキスしか知らない



「昨日、菫ちゃんと一緒に帰ってたじゃん。よかったね」




次の日の朝。

いつも通り家の前で待っていた圭太に、少し安心しながらも家を出る。


小学生の時からずっと、圭太は私の家の前で私を待ってくれて、一緒に学校に通っている。


それはずっと私たちの当たり前だったけれど、それもいつか終わるのかもしれない。

終わりは、近付いてきているのかもしれない。



最近ずっと、朝、家の外に出るのが怖い。


圭太がいなかったら。

もう明日からは一緒に登校するのやめようって、言われてしまったら。

そんな嫌な想像がいつも頭にあって、不安に駆られる。

圭太に彼女ができたら、いつまでも私と学校に行くことはできないだろう。

私だってそこまで無神経じゃない。


……だけど、もう少しだけ一緒にいようよ。

まだ私、圭太の隣を手放したくないよ。





< 23/ 275 >