ケータイ小説 野いちご

ついに明日が決戦。
この前以来、向こうからは音沙汰はない。
けれども今さっきメールが届いた。

【明日の午後3時に俺らの倉庫にて答え合わせをしよう。いい結果を願ってるよ】

奏「…あしたの午後3時だって」
蓮「…」
みんなの顔が強張る。
『なーんて顔してるの!みんながそんなんじゃだめでしょ。今までの特訓の成果、発揮させようよ』
湊「だよな!」
蒼「みんなでがんばろっか」
全「「「「「おー!!!」」」」」
声が倉庫内に響いた。

いよいよあした。
…私たちなら大丈夫。あんな卑怯な奴には負けない。

< 226/ 258 >