ケータイ小説 野いちご

孤独なお姫様

優「え!海くん世界No.4なのに出てこないの!?」

当たり前でしょ。私は世界No.1なんだから。
そんなことより…早く教室帰りたい。

『…じゃあ私戻る』
そう言って屋上から出ようとしたとき

樹「美咲、俺たちの姫になれ」

…姫?姫っていった?

『…あなたたちどっかの族?』

蒼「そーだよ。俺たちは蘭龍っていう族」

蘭龍…。たしか全国No.1だっけ。

優「僕、みーちゃんに姫になってほしい!」
隼「なんか訳ありって感じだし?いいんじゃね?」

< 10/ 258 >