ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

闇の果ては光となりて

霧生に連れられ溜まり場に戻ってきた私は、総長に言われた通りにお風呂に入り部屋着に着替えた。
そして今、幹部室のいつものソファーで、霧生に後ろから包み込まれる様に抱き締められている。
顔には、さっき貼ってもらったガーデが痛々しく付いてる。
この状態・・・なんだろうか。
霧生さん、私の首に顔を埋めてる場合じゃないですよ。

居心地の悪さにもぞもぞと動けば、
「動くんじゃねぇ」
と叱られる。
だけど、このバカップルみたいな座り方はどうなんだろうか。
霧生の彼女さんに悪いよね。
それに、ドキドキが止まらないんですけど。
「霧生、あのさ・・・」
「んだよ?」
「えっと、これは不味いんじゃないかな」
「うっせえよ。死ぬほど心配したんだ。少しぐらい安心させろ」
「う、うん、そうだね」
そんな風に言われたら離れてって言えなくなるじゃないか。
それに、さっき好きだって自覚したから、こう言うの嬉しいと思っちゃうし。

「神楽、話してぇ事あんだけど」
私の首元から顔を上げた霧生。
「あ。うん」
「お前には知ってて貰いてぇから」
「うん」
「自分の気持ちに嘘をつくのはもう止める」
「そっか」
「だから、聞いてくれ」
「分かった」
頷いた私に霧生は、懺悔する様に話しだした。
彼女と別れられなかった訳と、今も囚われている理由を。
悲しくて辛い、霧生と彼女の過去に、胸が締め付けられた。
最低な事をしてしまった彼女と、覚えたての遊びに安易に興じた霧生。
第三者から言わせれば、どっちもどっちだ。
まぁ、反省して責任を取ろうとしてる霧生の方がちょっとはマシかな。
彼女は、霧生が好きで好きで仕方なかったんだとしても、人として女として、絶対やっちゃいけない事だったと思う
彼女は霧生にばっかり責任を押し付けないで、自分にも責任があるって分からなきゃ駄目だ。
その上でキチンと話合わなきゃ。
霧生にだけ責任を押し付けて、縛り付けても意味なんてないよ。

関係のない私が言える事なんて無いのかも知れない。
でも、霧生がこんなにも苦しんでいるのを知ってしまったら、見捨てられない。
2人の間に割り込みたい訳じゃない。
霧生が彼女と居て幸せならそれでいい。
だけど・・・そうじゃないのなら・・・。
好きでいるぐらいいいかな。
彼女にはなれなくても、仲間として側にいて、霧生を支えたいと思ってしまう。
選んだこの道が、茨の道だと知っても尚、霧生を諦める事が出来ない。

振り向いてもらえなくても良い。
この気持ちを伝えられなくてもいい。
ただ、側にさえ居られれば。


「霧生、苦しかったね」
私のお腹を抱き締める霧生の腕にそっと手を添えた。
「軽蔑しねぇのか?」
「まぁ・・・そうだね。最低だと思うけど。霧生は十分苦しんだと思うから、私は味方になるよ」
「神楽・・・ありがとう」
「うん」
「ケジメを必ず付けるから待っててくれ」
「・・・うん」
待つ先に何があるのか分からないけれど、霧生の言葉を信じようと決めた。
私の返事に、覆い被さる霧生の大きな身体が小さく震えた気がした。
今だけ・・・ほんの少しだけ、このままで、互いの熱を分け合おう。
先の未来に希望を求めて。

< 62/ 142 >