ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

世界No.1の総長と一輪の花





わけがわからなくて首を傾げると、女の子はにこっと笑った。



…可愛い



女の子の私でも惚れてしまうんじゃないかと思うくらいに可愛い……惚れなかったけどね




「はじめまして!詩優がいつもお世話になってます」




ぺこり、と頭を下げる女の子。つられて私も頭を下げた。




………詩優……って言った?……今…




「私の名前は高城 雅(たかじょう みやび)。詩優の婚約者です♪」



……婚約者?………詩優の?……え?




笑顔で言う目の前の女の子の言葉についていけない私……



「ところで…あなたは誰の彼女?」



……この子…可愛いけど目が笑ってない…



近づいてはいけない気がして、1歩後ろに下がる。すると…1歩、2歩、と距離を詰めてくる女の子…




「あんまりうちの姫いじめないでくれる?」




明日葉が私を抱きしめる。



「ひめちゃんは詩優が惚れてる女の子だよ」



にこりと笑う倫也。




「そんなの嘘に決まってるよ……だって雅と結婚するって詩優言ってたもん……」




急に泣き出してしまう女の子………



…ど、どうすれば………




「その嘘の涙とか俺には効かないからさ~…帰って?」




女の子の肩を掴んで部屋から無理矢理追い出す倫也。




「二度と来んなー!!」




と、女の子の後ろ姿に向かってあっかんべーする明日葉。







< 105/ 599 >