ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

世界No.1の総長と一輪の花





一旦唇が離れたと思ったら、



「んっ………んんっ」



何回も、何回も唇を重ねられる。



やっと離してもらえて…息を乱す私に



「無理だわ。そいつに渡せねぇ」



と言って私の制服のリボンをはずしてブラウスのボタンをプチプチとはずす。全部ははずされていないけど…



「やっ!ちょっ……待って……!!」



必死に抵抗しようと詩優の体を押すけど…びくともしない。



あの金髪男に襲われた時の記憶が蘇って……



……怖い…



首筋あたりに顔を埋めて




ピリッとした痛みが走った……



「…待たない」



そう言って詩優はまた唇を重ねようとしたところで…



「…ごめんなさい……嘘です……」



と小さな声だけど、呟くように言った。




詩優は静止。











< 71/ 599 >