ケータイ小説 野いちご

パクチーの王様





「はっ、逸人さんっ、死んでませんでしたっ」

 朝、そんな芽以の叫びに、珍しく芽以より遅くまで寝ていた逸人は目を覚まし、
「……お前がか」
と阿呆なことを言ってくる。

 いや、新妻を殺さないでください……と思いながら、芽以は窓辺で手招きをした。

「芽が出てますっ」

 起き上がって逸人が来る。

 机の上の鉢。
 朝日を浴びた土から、幾つかの緑の芽が、ちょこんと顔を出していた。

「よかったな」
と言う逸人を、はいっ、と振り向く。

 真後ろに逸人が居るので、逸人の匂いがすぐ近くでした。

 いい匂いだ。

 幸せになる。

 でも、パクチー臭い仕事中の逸人さんも好きだ。

 だって、それも逸人さんの匂いだから。

 ……ま、料理運ぶときは、ちょっと息止めてるけど――。






< 537/ 555 >