ケータイ小説 野いちご

【完】李寵妃恋譚―この世界、君と共に―




『この戦で、病が拡散するわ。私は守らないと。この家を、家族を、そして、兄さん達も守りたいと言っていた、この国の民を』


そう言って、てこでも動かなかったあの時の自分は、今思えば、愚かであったと、知っている。


それでも、翠蓮には捨てられなかった。


思い出を……そして、希望を。


「前王の時には、良き臣下は処刑された。現王の時は、悪臣が処刑されている。上手く逃れていたとしても、革命に巻き込まれて死んでいるかもしれない。それで生きのびても、病に倒れている確率も高い」


翠蓮や結凛が病気にかからなかったのは、薬草を使っていたからだ。


使っていなければ、きっと、死んでいた。


「分かっているけど、ここまで来ればあとは意地よ。死ぬまで、待ち続けてやる」


辛すぎる串焼き素麺から、湯気が上がる。


「……だから、翠蓮を放っておけないのよ」


「へ?」


「一人で限界まで頑張ろうとしないで。私も、練さんも、趙さんも、祥基だって。皆、皆、翠蓮の味方なんだから」


「……」


「耐えられなくなったら、いつでも言って。どこにいようが駆けつけて助けるから。お願いだから、黙って1人で解決しようとしないでね」


―この時の結凛の言葉は、その先もずっと、李翠蓮を支えていく言葉となる。


この一言で、翠蓮の心は、確かに救われていたのだ。


「……ありがとう」


翠蓮は溢れそうになった涙を誤魔化すように、激辛串焼き素麺をかきこんだ。



< 38/ 956 >