ケータイ小説 野いちご

【完】李寵妃恋譚―この世界、君と共に―




「そんな顔、しないで。死んでないんだから」


まさか、こんなにも心配されるとは。


なんか、今日だけでたくさんの黎祥の表情を見れた気がする。


「革命の時から、翠蓮、あんたは変わらない」


ふと、練さんが呟く。


革命の際―戦火は下町にも広がり、とても、普通に生活できる状況ではない状況にまで追い込まれた時。


皆が逃げ回る中、翠蓮は黙々と薬草の研究をしていた。


何度も、結凛に手を引かれた。


でも、逃げることはしなかった。


「変わってないって?」


「自分を隠すのが上手で、人を救うことが上手。革命の際、断固として、家から離れなかっただろ」


「……あそこには母さん、杏珠(アンジュ)達が眠ってる。何より、兄さん達が帰ってくるかもしれない……そう思ったら、逃げられなかったのよ」


杏珠っていうのは、翠蓮の妹の名前である。


可愛い、可愛い妹だったのに、救うことは出来なかった。


「……翠蓮、ひどいことを言うようだけど、あんたの兄達は」


「知ってるわ。もう、生きてる望みも低いってことは」


結凛の苦しげな言葉に、翠蓮は淡々と返す。




< 37/ 956 >