ケータイ小説 野いちご

【完】李寵妃恋譚―この世界、君と共に―




「じゃあ、お前はあの男を匿うことで決定しているんだな」


「うん。すごい怪我だし」


「そんな怪我を、どこでしてきたんだか……」


「さぁ?でも、いんじゃない?人間、身の上は様々よ。それにね、頭がいいの。力も強いし、大助かり。ってことで、いても迷惑じゃないのよ」


「……そのアホみたいに前向きな性格、羨ましいよ」


褒められているのか、貶されているのか。


「一言余計」


不貞腐れた翠蓮を見て、苦笑した祥基は、


「まぁ、何かあったら、すぐに俺のとこに来い。金も必要になったら、貸してやるから」


「お金はいいけど、そう言ってもらえるのは嬉しい。ありがとう、祥基」


翠蓮が素直にお礼を言うと、


「……お前が素直とか、怖ぇよ。やっぱ、何かあるんじゃねーの?」


なんて、失礼なことを言って笑ったんだ。


そんなことないって、翠蓮は笑った。


知らなかったの。


黎祥を拾ったことで……この後訪れる、自分の大変な未来なんて、想像もしていなかったの。


―何も知らないままでいられた、十七歳の春。



< 20/ 960 >