ケータイ小説 野いちご

【完】李寵妃恋譚―この世界、君と共に―




「新しい陛下には感謝しなくちゃ」


手当を全て終えて、翠蓮は薬草を棚にしまう。


「……お前は、今の皇帝でよかったと思うのだな」


「?当たり前よ」


どこか苦しそうにそう呟いた彼を見て、私は言い切る。


「冷酷だろうが、何だろうが、人を守れる人には悪い人はいないと思っているもの」


「……そういうものなのか?」


「ええ」


あくまで、持論だけどね。


「あ、そうだわ」


翠蓮はポンっと手を打つと、引き出しから巻物を取り出す。


「貴方に聞きたいことがあるんだけど」


「……なんだ」


「貴方、文字は読める?私、必要最低限しか読めなくて……」


開いたのは、少し難しめの医学書。


「必要最低限で出来る内容じゃないと思うが……この医学書は、それなりの教養があっても読めないだろう」


それって、薬草を煎じることかな?


「じゃあ、貴方にも読めない?」


「いや……これは……紙と筆、あるか」


「え?あ、うん」


取り出すと、それを手に取って。


「お前にもわかるよう、書き出しておく」


スラスラと書き出してくれる。


これだけで、彼にはかなりの教養があることが分かる。


翠蓮は黎祥の書き出していく文字を目で追う。


彼の字は、とても綺麗だった。



< 16/ 960 >