ケータイ小説 野いちご

【完】月明かりの下、君に溺れ恋に落ちた。






走って寝室から出る私に、零さんも数秒後に寝室から出る。



昨日の風邪は一体なんだったのか...ってぐらいに
元気に走り回る私を見て零さんが笑っていたことなんか知らない。




「それじゃあ零さん!行ってきますね」



「あぁ、悪いな送ってやれなくて」



「全然大丈夫ですよ!
それよりお仕事頑張ってくださいね」



「んっ。
あっ、おい朝日」


「はい?」



玄関で座りながら靴を履いていた時だった
呼ばれて後ろを振り向くと


ちゅっ、とリップ音。




「忘れもん」


「〜〜〜!!」


「言葉になってねーぞ」




もう!これだから零さんは嫌になってくる!


朝から色々と刺激的な彼に見送られながら
赤い顔を手で隠して元気よく玄関を出た。





自分以外の誰かを大事に出来るって
とても素晴らしい事だって。


その相手が零さんでよかったなーと


キスされた唇に指先が少し触れ、今日も1日頑張ろうと思えた。









< 185/ 416 >