ケータイ小説 野いちご

星に願いを


弓矢『病院来たら、すぐに遥の部屋に行け。それで遥に3年間の全てを話せ。』

珠明『遥の負担にはならないの?』

弓矢『逆に知らないことが負担になってるみたいだ。』

それならいいんだけど…。

珠明『分かった。じゃあな。』

弓矢『芹明と一緒には来れないんだな。』

珠明『あの子は今、琥珀と同居中。下手に族の人間といられない。』

でも、仕方ない。

弓矢『芹明の闇は医者の俺でも救えない。』

珠明『もう琥珀にかけるしかない。』

琥珀なら何かしらしてくれるはず。
そう信じたい。

信じさせて。

弓矢『じゃあ、病院でな。』

さっさと行くか。

友夕「気をつけてねー」

バイクでいいか。


< 69/ 333 >