ケータイ小説 野いちご

幼なじみのフキゲンなかくしごと



『中瀬さん、消しゴム落としたよ』



2年生になってからの瑞季くんとの初会話が、これ。


瑞季くんが話し掛けてくれたことに驚いたと同時に、他人のように接してくる態度に傷ついた。


ありがとうというお礼すら言えず、それからもずっとそんな状態が続き。



必要最小限の会話しかしないし、その中に個人的な話は一切ない。



先生が探してたよ、とか。その程度。



一度たまたま教室で二人きりになった時に、怒られたことはある。



あからさまに避けてんなよって。

あからさますぎて逆に怪しまれるだろうって。



おまけに、私と話すときの瑞季くんは

決まって機嫌が悪かった。


わざとなのは知ってるけど、クラスの女の子には愛想振りまいてるくせに……とか考えてしまって。



わかってる。

瑞季くんは、私のことが嫌い。


だから私も

瑞季くんなんてきらいだよって

思ってたーー。




< 2/ 304 >