ケータイ小説 野いちご

闇の中に咲くランの花 Ⅱ



パタン

よしっ!片付け終了!


そういえば…海で会った時……なんであんな風に関わってきたんだ?可笑しくないか?

嫌いな奴に会ったら普通嫌な顔するだろ?それに…海だって抱きついたりしないはず…

わけわかんなくなってきたな……


蘭「あぁああ!考えるのやめろっての!」


もしかしたら私のことは嫌いじゃないかもって……思っちゃうじゃん……私のこと、嫌いに決まってる…だってあんなこと言ってたなんて……


ツー

蘭「あ、あれ?」


な、なんで泣いてるの?

気が付けば頬には涙が流れていた。

まぁそうだよな……仲間だと思ってた奴らに愚痴言われたこと思い出せば……。

結局私はあの日から何も変わってない…逃げてばかりだ…。


蘭「…もう寝よう」


パソコン取りに行ったあとにお見舞い行くか…そしてサヨナラしよ……


< 14/ 460 >