ケータイ小説 野いちご

生きる。~番外編~



そして翌日


「じゃあ行ってくるな。

22時頃には帰るから。」


「うん、行ってらっしゃい。」


18時、湊が出掛けた。

私は今日は実家へ行く。

一人でご飯って寂しいしね。


「お迎えにあがりました。」


片桐さんは誕生日にあげたカフスボタンを

毎日つけてくれている。


しばらくして実家へついた。

「じゃあ帰りは兄に送ってもらうから。

今日はもう休んでね。お疲れさま。」


呼ぶとしても新井さんを呼ぶけどさ。


「ただいまー。」


「おかえり!!」


「一輝……相変わらずうるさいね…。」


晴輝は結婚してこの家を出た。

一輝も婚約者がいてもう少しで籍を入れるのだ。



< 155/ 532 >