ケータイ小説 野いちご

俺は、お前がいいんだよ。


「うそ…」


二台の自動販売機の間。


その奥の方にまで小銭が転がっていたからだ。


しかも、500円玉。


とれるかな…。


隙間に手を入れて取ろうとしたけれど、届きそうにない。


何か細長い棒とかあれば取れそうだけど、周りに…めぼしいものは見当たらないし…。


どうしよう…。


何か方法がないか、頭の中で考えていた時だった。




「あのさ、自販機…使いたいんだけど。」


突然飛んできた低い声にビクッと肩が上がる。


そちらに視線を向けると、一人の男子生徒が立っていた。


艶のある黒髪。


整った目鼻立ちに、形のいい唇。


長身でスタイルもいい。


こういう人をイケメンって言うんだろうな…。


普通の女子生徒ならキャーキャー悲鳴をあげそう。


私は、どうでもいいけど。




< 2/ 350 >