ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 屋上
    • 告白

    パタパタパタ

    ガチャ

    「やっぱり斗哉ここにいた。探したんだよ?帰ろ?」

    「なぁ惟蘭,返事どうしたんだよ?」

    「えっ?」

    「昼休みに告白されてたろ?」

    「知ってたの?」

    「なんて返事したんだよ」

    「『好きな人がいるので』って断ったよ」

    「なぁ惟蘭,そんなやつやめて俺にしろ」

    「ヘっ??」

    「だから,俺と付き合え」

    「...えっ?嘘!?ずっと私のことなんて眼中にないんだと思ってた。(ボソッ」

    「俺はずっと惟蘭が好きだった」

    「斗哉ありがとう。私の好きな人って斗哉なんだよ?だからよろしくお願いします」

    「ッ\\\...焦ってカッコ悪っ」

    「大好きだよ斗哉!」

    「やっとこれで俺のもの。一生離してやんないから」

    「うん!私だって斗哉のこと離さないよ?」

    「惟蘭,好きだ」

    チュッ
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    これは貴方と私の一生に一度の恋物語

    開く閉じる

    • 先生
    • 廊下
    • 告白

    「あ、先生、御機嫌よう~」
    「片桐、今どき御機嫌ようって、今度はウケ狙いか?」
    「違いますよー、たまには違う挨拶を考えてですね!」
     ふと俺は思った。今日は何かが違う。そのふざけた挨拶以外に・・・・・・そうだ、今日はいつもの好き好き攻撃が無い。
    「それでは先生また授業で」
    「おい、片桐・・・・・・、今日はどうしたんだ?」
     いつもと違うだけで調子が狂う。
    「へ? どうって普通ですよ?」
    「だから・・・・・・いつもみたいに好きって言ってこないのかよ」
     赤くなった顔を隠すように横を向いて言った。
    「そんなに毎日言ってないし、言いません!」
    「なんだよ・・・・・・つまんねぇの」
     俺はそうぽつりと呟いた。
     別に期待していた訳じゃない・・・・・・と思っていたのになぜだか心に穴を開けられた気分だ。
    「んーーーー、もうやっぱり先生好きです!」
    「あーーー、はいはい!」

    開く閉じる

    • 同級生

    やっと2人きりで帰れることができたのに…勇気が出ない。

    隣を歩く好きな人との距離、わずか3cm。

    伸ばしたらすぐ届きそうな手も、さっきから続いている沈黙も全てがもどかしい。

    「あのさ…」
    やっとの思いで口から出た声は想像以上に震えていた。

    「…なんでもない…」
    ああ、また…。いつもこの調子でいつまでたっても前に進まない。伝えなきゃ何も始まらないのに…。

    「危ない!!」
    突如、彼が大声を上げ、私を突き飛ばした。
    「った…」
    その時、私が目にした光景は…車と…彼と……。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    あれから5年。未だに忘れたことはない。
    あの時伝えていれば…。
    そんなこと考えたってもう遅い。
    彼はもう2度と戻らないのだから…。

    『勇気は一瞬 後悔は一生』

    皆さんは自分の想い、伝えていますか?

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

俺は、お前がいいんだよ。 (綴季/著)

感想いただけると嬉しいです*

  • 由依と陽希のラブラブ感…。めっちゃニヤニヤしてしまいました( ´﹀` )
    番外編も読みましたが、夏休み編の陽希の嫉妬…。すごいなと思いました。

    陽由カップルの受験シーズンや大学生の話も見てみたいです!
    (図々しいお願いですね…、すみません。)

    ☪︎ 莉亜 ☪︎   2017/12/18 00:06

    ☪︎ 莉亜 ☪︎さん

    ニヤニヤしながら読んで下さったんですね!
    陽希の溺愛っぷりが伝わればいいなぁ…と思いながら本編と番外編を書いたので、とても嬉しいです。

    由依と陽希のストーリーへのリクエストもありがとうございますm(_ _)m書けるかどうかお約束は出来ないのですが、形に出来るように頑張ります(>_<)

    作者からの返信 2017/12/18 11:39

  • 読んでいたらいつの間にかしおりを挟まずに一気に読んでました(^^)
    陽希の言葉1つ1つにきゅんきゅんがとまりませんでした!!由依に少し自分が似てる気がして読んでるいるうちに自分のことみたいなような気がしてました笑
    陽希のようなかっこよくて頼れて一途な人に出逢えたらいいなって思います(^^♪素敵な作品をありがとうございました(;_;)

    まるまりりん   2017/04/10 17:17

    まるまりりんさん

    一気に読んで下さったんですね!ありがとうございますm(_ _)m
    由依に共感していただけて嬉しいです。陽希も、こんな一途な男の子が居たら…という理想で書いていました。

    素敵な作品と言っていただけて恐縮してしまいますが、とても嬉しかったです!

    本当に、ありがとうございます(*^_^*)

    作者からの返信 2017/04/11 11:22

  • キュンキュンの連続でした!!
    最後の
    「俺は、お前がいいんだよ。」
    で終わるところがいいなと思いました!
    また次の作品期待しています!

    ALICE♥♥♥♥   2017/04/06 22:24

    ALICE♥♥♥♥さん

    こちらの小説を読んで下さり、ありがとうございます!最後のセリフは、これでいこうと決めて書いていたので、そう言っていただけて嬉しいです。

    これからもキュンキュンしていただけるような小説を書けるよう頑張ります!

    作者からの返信 2017/04/07 07:28

  • 途中から文字が途中て切れていて読みにくいです。
    直して欲しいです(><)

    きゃほめっ   2017/04/06 09:44

    きゃほめっさん

    こちらの小説を読んで下さり、ありがとうございます。ご指摘いただいた部分について、現在…修正中です。読みにくさを感じさせてしまい、申し訳ありませんm(_ _)m

    作者からの返信 2017/04/07 07:25

  • めっちゃキュンキュンしました
    陽希が由依をかばって水をかけられたあとが1番キュンキュンしました

    杉﨑茉李愛   2017/04/01 00:03

    杉﨑茉李愛さん

    こちらの小説を読んで下さり、ありがとうございます!
    1番キュンキュンしていただいた場面に、水をかけられたあとの部分を選んでいただけて、とても嬉しいです。
    本当にありがとうございます(*^_^*)

    作者からの返信 2017/04/01 21:20