ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

暫定彼氏〜本気にさせないで〜

「し、志賀…悪い冗談止めてよね?からかってるんでしょ?ねっ?」


「いや、まともだよ。まだ酔ってねぇし。」


「志賀さん、それは俺への挑戦状と受け取って良いんですか?」


いや、ほら、あんたもそんなムキになんないの。


「だな。こいつが俺に本気になったらお前の暫定は取り消しって訳。その時点で俺が彼氏の位置につくと。って事だよな?」


「ちょ、ちょっと何言っちゃてんのよ。何で私が志賀に本気になるのよ?」


「何でって俺、お前の事好きだし。」


「はあ?ちょっとやめてって。志賀は同期でょ?そんな感じとかじゃないじゃん。」


「志賀さん、俺後輩だけど容赦しないですよ。」


「おう、望むところ。」


そう言って何故か二人してグラスを合わせているし。







一体、なんなのよぉっ!


こうなりゃ、この男どもなんか無視して飲んでやるっ!


「生中、追加っ!」












< 56/ 229 >